ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

逆風に耐える力『FAKE』

2016年09月02日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 9月中頃が期限の映画招待券を1ヶ月ほど前から2枚持っていた。「使わなきゃぁ」と思っていたのだが、炎天下での畑仕事を終え家に帰ると、心身ともグッタリして外に出る元気がない。で、映画鑑賞は延び延びになっていた。
 8月も終わりに近付いた今週日曜日(28日)、沖縄を避けUターンしていった台風10号の影響か、北寄りの風が涼しく私はぐっすり眠ることができ、翌朝はスッキリ目覚めであった。「よし、今日は元気だ、午後から映画を見に行こう」と決めた。
 映画を観るだけのために那覇へ出かけるのはガソリンが勿体無い。質素倹約を生活信条としている私は、那覇へ行くついでの用事をあれこれ考えた。
 2014年の年末、大掃除をしている時に壁の額(絵画)を誤って落として、その下にあった壁に掛けてあるギター、さらにその下に立ててあったサンシンを壊してしまった。両者ともチューニングする部品の一部が壊れてしまった。桜坂劇場の近くに老舗の楽器店がある。そこへ寄ってそれぞれの部品を購入することをついでの用事にした。
     

 さて、どうでもいい前置きが長くなってしまったが、その日観た映画は『FAKE』、数日前にラジオ番組で話題になっていたので、これにしようと決めていた。FAKE、英語で「偽物」とか「ペテン師」とかいった意味だ、興味は湧く。
 映画の内容を大雑把に言えば、2014年に世間を騒がせたある事件があり、一方の当事者を取材し、事件を検証したもの。2014年の事件(ゴーストライターがどうのこうの)については、私はほとんど知らない。映画の中で描かれているのを観ながら「そういえば、ラジオのニュースでもやっていたなぁ」といったおぼろげな記憶しかない。
 映画のチラシには「誰にも言わないでください、衝撃のラスト12分間」と謳い文句があった。であったが、私にはその意味が解らなかった。私の心には衝撃を与えなかった。それはたぶん、事件のいきさつを知っていないと解らないことなのかもしれない。
 ラストシーンは監督からの質問に答えを逡巡する主人公の表情をしばし映して、答えないまま終わる。事件のことを知らない私だが、誰がペテン師なのか判断できない私だが、監督の質問に「そんなこと無い」と即答しない主人公に好感を持った。何かはあるのだ、例えば「じつは、クラブのホステスに貢いでいる」とか、「じつは、先週、浮気した」とかだ。そんなこと告白すると世間の評判ガタ落ち、妻にも愛想尽かされるのでそんなこと言えない。彼がペテン師だとしても、「正直者のペテン師なんだ」と私は感じた。

 映画の後半になって私は何度かナダ(涙)ウルウルした。ウルウル場面の概ねは主人公の女房の見せる表情と語る言葉であった。夫を信頼しているその愛に私は心を打たれていた。「いいなぁ、こんな夫婦、こんな女房なら結婚もいいかもなぁ」と思った。
 ラスト12分間に何の秘密があったのか不明だが、その12分間にも、妻の夫に対する信頼と愛を感じる場面がいくつかあった。私はナダ(涙)ウルウルした。「こんな人が傍にいたらどんな逆風にあっても耐えることができるかもなぁ」とも思った。
 『FAKE』、ペテン師は誰かというより夫婦愛の映画だと私は強く感じた。確か、映画のラスト12分間の中でも監督がそのようなこと語っていたはず。森達也監督、感性の良い人だと思った。『FAKE』、私にとって久々に見応えのある映画となった。
     

 記:2016.9.2 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.9.2 予定通り行かない | トップ | ウージ汁 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。