ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スーマンボースー

2017年05月19日 | 沖縄01自然風景季節

 先週土曜日(13日)、沖縄気象台は沖縄地方の梅雨入りを宣言した。その日はその通りの大雨となり、雨は翌日明け方まで続き、朝は小雨となり午前中まで続いた。その日の午後は降らなかったので、畑へ出掛け、草抜きなどの作業ができた。
 月曜日(15日)、天気予報では「夜から雨」だったので、「布団干しのチャンスだ」と車に布団を載せ、畑に持って行く。空は晴れているが、空気が湿っているので「干すのは11時頃から」と決める。ところが、11時頃になると雲が多くなり、「陽が射さないと意味ない」と、布団を干さずにいたのだが、それは大正解だった。昼飯食った12時過ぎから大雨となる。雨は時々小雨になったが、概ねは土砂降りで、夜まで続いた。
 雨は「夜」までではなかった。翌日16日の夜中土砂降りの雨音で目が覚めた。未明も時々目が覚めた。雨は朝まで続いた。「朝」までではなかった。その日は昼間もずーーーっと「大雨、時々小雨」となり、今年はその名に恥じぬ梅雨入りとなった。
     
     

 スーマンボースーとは沖縄語で、漢字で書くと小満芒種。小満も芒種も二十四節季の一つ。小満は「4月の中。太陽暦の5月21日頃に当たる」(広辞苑)で、芒種は小満の次の節で「5月の節。太陽暦の6月5日頃に当たる」(〃)のこと。今年の小満は5月21日で、芒種は6月5日と広辞苑の通りとなっている。
 小満芒種は『沖縄大百科事典』に記載があり「梅雨の代名詞」とのこと。私の経験でも小満芒種は「梅雨時のことだな」と認識していた。であるが、梅雨入りの平年値(たぶん最近数年間の平均値)は数年前まで5月5日で、今の平年値は5月9日である。5月21日ではちょっと遅かろうと思うが、だいたいそんなもんということだろう。梅雨明けの平年値は6月23日だ。芒種の終わりは6月20日頃なのでほぼ当たっている。

 今年は少雨傾向であった。私としてはそんな傾向を感じていなかったのだが、4月、ラジオからのニュースで「ダムの貯水率が50%を切っている。例年より20%ほど低いらしい」と聞き、「そうか、沖縄は少雨傾向だったのか」と気付かされる。
 私の感覚では、雨の日は多かったような気がしたのだが、日記を読み返すと、雨の日だった日数は例年とそう変わらない。だが、沖縄気象台のデータによると、去年10月から今年3月まで雨量が少ない。大雨の日が少なかったようである。
 4月10日は「昼前から大雨」の予報であった。素直なオジサンは予報を信じて、畑を早めに切り上げ、あれこれ雑用の日としたのだが、雨はちらちら降っただけ。翌11日も同じく大雨の予報、その日は少し降ったが、大雨と言うには程遠かった。
 「何だこの天気予報、ピーターと狼みたいだぞ」と思い、「大雨が降るぞー!」と言って降らないから「ピーターと大雨」でお話でも作ろうかと少し考え、「ビーチャー(トガリネズミ)と大雨」というタイトルも考えたのだが、面白い話は思い付かなかった。
 しかし、こちらのピーター(沖縄気象台)は3度目の正直で、4月18日火曜日、大雨の予報があって、その通り朝から土砂降りとなった。久々の大雨だった。

 ところがその後しばらく、またも少雨傾向となる。過去5年間(2012~2016)の、4月の月間降雨量平均値は222ミリだが、今年はたったの67ミリ。「沖縄のダム貯水率は大丈夫かいな」と思っていたが、5月13日の梅雨入り以降、一昨日5月17日まで雨はたっぷり降った。沖縄のダムもきっと、もう大丈夫だろう。
     

 記:2017.5.18 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シマラッキョウ和え | トップ | 2017.5.17 心の優先順位 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。