ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

晴耕雨読は難し

2007年09月28日 | ガジ丸通信-社会・生活

 9月初め、水納島を訪れた。私は二度目の訪問である。一度目は15年前のこと。前回も遊びで、今回も遊び。前回も日帰りで、今回も日帰り。半日の滞在。
 遊びで行って、しかもたった半日で、それで島の暮らしがどういうものかなんて分るはずも無いが、15年前の水納島は好きだった。その頃は観光客もほとんどいなくて、それを目当ての若者向け今風の店なども無くて、のんびりした田舎の雰囲気で、静かな島であった。時間がゆーーーーーったりと流れていた。
 静かにのんびりと暮らすことを、常々私は望んでいる。加齢臭に加え、口臭も発散しているオジサンは今や鼻摘まみ者である。人前に出ることは人迷惑となっている。なので、そういった隠遁生活は、他人のためにも良いことだと思うのである。

 9月の中頃、テレビとステレオが同時に壊れた。そのため丸二日ばかり、テレビを観ない、ラジオも音楽も聴かないという生活を送った。小さなガ、アリ、クモ、ヤモリ以外には同居人のいない部屋なので、テレビとステレオが無ければ、人の声は無い。とても静かである。久々にギターを弾き、歌を歌う。良い時間だと思った。

  15年前、のんびりした田舎、静かな島、ゆったり流れる時間を好きだと思ったが、そこで暮らしたいなどとは思わなかった。たまに訪れるのはいいが、住むとなると退屈するだろうなと感じたからだ。15年前は、私も若く、欲に満ちていたのである。
 今なら、生活できる金があればの話だが、田舎でのんびりと静かに生活し、それを楽しむことができると思う。ただ、テレビは無くてもいいが、これほどパソコンに頼っていると、パソコンは生活に欠かせない。
 テレビとステレオが壊れていた間、ギターを弾いたりもしていたが、多くの時間を、私はパソコン作業に費やしていた。文章を書いたり、写真の整理をしたり、作曲したものをデータ化したり、などである。でも、そういったことが私にとって本当に必要なことなのかと、改めて考えると、それらも”我欲”に違いないのである。人生の達人から見れば、私もまだまだ若造なのである。若造は、もうしばらく若造でいようと思う。
          

  「晴耕雨読」とは、「晴れた日は外に出て耕し、雨の日は家にいて書を読むこと。田園に閑居する自適の生活にいう。」(広辞苑)ということだが、今はまだ若造の私ではあるが、いつかは晴耕雨読の生活をしたいと思っている。などと、言うは易しである。
 6月下旬からこれまで、私は晴耕をやっていない。私の畑は今、見るも無残な姿となっている。常備のニラの他は、雑草の間からナスが1株立っているだけだ。私の畑がそうなっているのは、忙しかったということもあるが、夏の晴耕は厳しいのである。ほんの30分ほどで参る。クラクラする。晴耕雨読、行うは難しである。
          

 記:2007.9.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温暖化の症状2 | トップ | 修行不足 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
消臭 サプリメント (消臭 サプリメント)
消臭サプリメントならシューストップ!