ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

雑草と太陽と土

2012年07月20日 | ガジ丸通信-環境・自然

 300坪の農地を今、仮に借りている。「仮に」というのは地主さんの御好意だ。
 「いままで30坪ほどの畑をのんびりやっていました、素人農夫です。」
 「それなら急に300坪の畑は大変でしょう。しばらくやってみて、あなたができそうだと思って、長く続ける気持ちになってからでいいですよ、契約は。」
 ということであった。ありがたいことだ。いや、まったく「できる」という自信を持てる根拠はなにも無い。一人で手作業(機械を使わない)のつもりだ。それで、無農薬有機栽培を目指す。体力が持つのか、病害虫に勝てるのか、作物は順調に育ち、それなりの収穫はできるのか、どれも五里霧中、「とにかくやってみる」しかない。

 仮に借りている畑に、「仮」ではあるが早速名前を付けた。ナッピバルと言う。ウチナーグチであるということが判るように片仮名で書いたが、もしも看板を掲げるなら「なっぴばる」と平仮名にしたい。音として柔らかいので、見た目も柔らかくしたい。
 ウチナーグチの慣用句に「ナイルウッピドゥナイル」というのがある。「成る分だけ成る」という意。つまり、「できる程しかできない」、「できる以上のものは求めない」となる。いかにも怠け者のウチナーンチュらしく、「何が何でもできる以上のものを得てやる」という気概が無い。しかし、「自然に任せる、自然と共に生きる」とも捉えることができる。「無理しない」は我が身だけで無く、自然に対しても言っている。
 畑の場合で言えば、太陽も風も気温も雨も人間の無理が効くものでは無く、人間の手を加えることのできる自然は大地となる。よって、「自然に無理をさせない」は「大地に無理をさせない」ということだ。大地になるべく手を加えないようにと思っている。

  これまでの30坪の畑でも(概ね)無農薬有機栽培であったが、除草はこまめにやっていた。コウブシやカタバミ類の根絶はとうに諦めているが、ハイキビ、ススキ、センダングサ類は見つけたらすぐに除去し、今のところそれらはほとんど無い。
 それらはほとんど無いが、コウブシやカタバミ類の他、チドメグサ、オヒシバ、メヒシバ、ハイクサネム、マツバゼリ、オニタビラコ、タンポポ、ハイニシキソウなどがあちらこちらにがあり、木の下、バナナ畑の周辺、敷地の隅っこなどには多くある。
 300坪の農地を借りるのはまだ先のことと 思っていた先月下旬のある日、宜野湾の畑の、普段は放ってある木の下、バナナ畑の周辺、敷地の隅っこなどに蔓延っている雑草の除去をやった。沖縄の夏は収穫、植付などがあまり無く、どちらかと言うと農閑期にあたり、やることが無い。ので、いつもはやらないことに取りかかったのであった。

 4月下旬にシマラッキョウを収穫した個所を5月下旬に耕した。すると、シマラッキョウを植える前はホクホクしていた柔らかい土が、その時は酷く固くなっていた。私は、作物が土壌の養分を消費したせいで固くなったのかと思って、有機農家の知人Tさんに電話し、その旨尋ねた。「収穫した後、土壌を太陽に晒しっ放しだったのが原因だよ。土壌はなるべく日に当てないようマルチングした方が良い」とのことであった。
 木の下、バナナ畑の周辺、敷地の隅っこなどの雑草の除去をしている時に気付いた。そこの土は柔らかかった。雑草は太陽から土を守っているようであった。
          
          

 記:2012.7.20 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古酒の店 | トップ | バナナ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。