ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

世界の飢餓を救うかも

2017年01月27日 | ガジ丸通信-科学・空想

 現在私が借りている畑は西原町にある300坪、それ以前、2012年7月までは、従姉の夫の土地が空き地になっていた宜野湾市にある70坪(樹木などが植栽されて実質耕作面積は約30坪)を借りていた。当時勤めていた会社は週休3日で暇があったので「農業でもするか」とそこを借りていた。300坪を始めてからも2013年の夏頃までは時々行って、除草作業などしていたが、それ以降は月に1回程度となっていた。
 月に1回程度見回って、たまには数時間の除草作業もしていたが、それだけでは雑草の蔓延るスピードにとても間に合わない。その畑ナツヤ(と名付けてある)はしだいに草ボーボーとなり、やがて、原野に近い状況になっていった。
 原野に近いといっても4年半前までは畑だったのだ、その名残はそこここに見える。バナナが群れを作っている、落花生の枯れた茎があちこちにある、芋の蔓が少し見える、シマトウガラシがある、グヮバ、シキカン、マンゴーの木もある、キャッサバが全体に蔓延っている、そして、パッションフルーツの蔓が全体の半分を覆っている。

 ナツヤの持ち主Mさんから先日電話があって、「パッションフルーツの蔓が裏の家にまで伸びて迷惑かけていないか?見て来てくれ」とのこと。さらに、「業者に除草を頼むから切ってはいけない樹木があれば印しておいて」とのこと。後日、ナツヤへ出掛け、Mさんの要請を実行する。裏まで伸びていると言っていたパッションフルーツは、隣の人に訊くと「その家の人が植えたものであんたの畑から伸びた物じゃないよ」とのことであったが、パッションフルーツはどんどん伸びていずれ迷惑になるだろうと思ったので、根こそぎ引き抜いて処分した。切ってはいけない樹木については、私がナツヤへ行ったその日、ちょうど草刈の業者が来ていたので現物を見せながら口頭でその旨伝えた。

 ナツヤに蔓延っている雑草の多くはチガヤで、草類の他、ナンクルミー(自然発生、鳥がその実を食べて糞をし、糞の中にあった種が芽生えた物など)したオオバギ、アカギ、クワノキなどの雑木も数本ずつあり、それらの草や木に絡みつくようにしてノアサガオ、ヘクソカズラなどの蔓植物も全体に蔓延っている。が、しかし、ナツヤで最も「蔓延っているなぁ」と見た目感じるものは雑草雑木の類ではない、それはキャッサバ。
     
     
 キャッサバ芋を収穫して食料にしようと思って蔓延っているキャッサバを1株掘ってみた。1株のキャッサバはその根元に大きな芋を数個蓄えていたが、根元から四方八方に根が伸びて、そのいくつかの先にも芋を数個蓄えていた。たった1株から多く収穫できた。ちゃんと量ってはいないが、重さにするとおそらく10キロは超えていたと思う。
 10キロの芋、小食の私の場合は主食にしてたぶん半月分はある。1株のキャッサバが芋を蓄えていた面積はだいたい1m四方。面積1平方メートルで半月分、ナツヤのキャッサバは3年ほど経っているので、3年で1平方メートル半月分、言い換えれば、6平方メートルで1ヶ月分だ。さらに言い換えれば2坪で1ヶ月分だ。
 現在私が借りている畑ナッピバル(と名付けている)は300坪、そこの全てでキャッサバを栽培すれば1年で150ヶ月分の食料が得られる。キャッサバだけ食えばの話だが12人分の1年の食料となる。「キャッサバは世界の飢餓を救うかも」と思った。
     

 記:2017.1.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.1.27 布団干・・・せない | トップ | 島豆腐 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。