ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウルトラセブンスター

2009年12月11日 | ガジ丸通信-科学・空想

 職場の、私の使っているパソコンはたびたび重い病気に罹り、重態に陥ることも何度かあった。重態になると、ハードディスクを取り出して、他のパソコンを使って中身を空っぽ(フォーマットする。全く空っぽというわけでは無い)にして、ウィンドウズを入れ直し、ドライバなども入れ直し、多くのソフトを入れ直したりしていた。
 何しろ、買って1年過ぎた頃からちょっとした不具合を起こしていたパソコンである。XPの割には虚弱体質なのである。ちなみに、会社のパソコンの購入より半年ほど早く購入した私の家のパソコンは、一度だけ重症になったが、それはハードディスクの接続のリセットですぐに直った。それ以外に病気らしい病気はしていない。
 職場の私が使っているパソコンも、家のパソコンもメーカー品では無く、組み立ててもらったもの。職場のは某パソコンショップに、私のは私の友人に。その友人によれば、部品部品に相性があって、組み立ててみないと相性の良し悪しは分らないとのこと。私のものは運良く相性バッチリで、職場のものは相性が悪かったのだろうとのこと。

 会社には、私が使っているもの以外にもう1台、XPがある。それは主に公共工事の書類作りに他の同僚が使っている。それから、三ヶ月ほど前までウインドウズ98が1台あった。公共工事の書類作りが締め切り間際になった時、助っ人が使っていた。
 三ヶ月ほど前、「古いパソコンを処分したいが」と社長から相談があった。私の使っているパソコンはいつ死ぬか分らない状態なので、「それは予備のために置いといてください。忙しくなった時は2台でも足りなくなります。1台ではどうにもなりません。」と答えた。ところが、それから数日後、その古いパソコンは捨てられた。

 公共工事の一つが先日、現場作業を終えて、検査が今日ある。建設関連の公共工事は提出書類がたくさんあって、煩雑なものが多い。提出書類がちゃんとしていないと検査に合格しない。合格しないとお金が貰えない。よって書類は、現場をちゃんと施工するのと同じくらい重要。「仕事は現場だけでは無い、会議室にもたんとある」のだ。
 書類作りに慣れているMもTもリストラされて、今いない。今回の現場監督である若いOは慣れていない。で、二ヶ月前に「今から準備しないと間に合いません、社長も手伝ってください。」と社長に進言し、書類の一部を渡した。「分った」と社長は答えた。

  三週間前、ついに私の使っているパソコンが死んだ。予備のために残してと頼んでいた98も無い。現場監督のOも翌週からは書類作りに入る。もう1台パソコンが必要。で、「社長、パソコンが2台無いと書類作りは終わりません。」と進言する。「分った」と社長は翌週、新しいパソコンを購入した。そのセットアップや、1台しかないことでのすったもんだで時間を大きく浪費したが、新しいパソコンはウィンドウズセブン。噂通りの優れもの、ウルトラセブンと名付けても、セブンスターと名付けても良いほど。
 「これなら仕事ははかどりそうです。ところで社長、例の書類はできましたか?」
 「書類?あーあれ、知らない。」と、平然と答える。全くやっていなかったのだ。ということで、ウルトラセブンスターをもってしても、とうてい間に合わない仕事量となり、Oは毎日残業、休日出勤、私も連日、家に持ち帰っての作業となった。
          

 記:2009.12.12 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版100 塵も積もれば千里の道も | トップ | 瓦版101 クジラの憂鬱 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。