ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

前例に則って

2004年11月12日 | ガジ丸通信-政治・経済

 選挙で、自分の意志に反した投票をかつて一度だけ経験している。従姉の友人が県議選に出るということで、彼女にその候補者への投票をしつこく頼まれた。私もしつこく断ったが、目下には居丈高になる性格の人なので、強引に押し切られた。屈辱だった。
 先月の平日、職務中のある日の午後に、「今日6時半から壺川の○○で会合がある。出るようにと社長が言っていた。」と部長に言われた。「そんな急に言われても」と思ったが、業務命令(と言っても零細企業に残業手当は付かない)ならばしょうがない。何の会合かも知らされず、指定された場所に指定された時間に行く。屈辱を感じながら。
 その会合は、ある選挙立候補者の激励会であった。会社の属する業界が主催していた。業界団体が主催する選挙がらみの激励会などというものがある、ということは知っていたが、そういった会合に参加するのは、私は初めてだった。個人の思想信条の自由を無視して、社長が社員に命令する形である政党の支持をするなんて、今の時代でもあるんだ、という驚きと、何で俺が支持もしない立候補者の激励会に出なくちゃあいけないんだという憤りとを感じた。ここにいる労働者の大半は業務命令でしょうがなく参加しているのだろう。これって、もしかして選挙違反になるんじゃないの?と問いたくもなった。
 前例に則って会は進行する。立候補者本人がしゃべる前に、業界のお偉い方々が応援演説に立つ。そして、長々と無駄口をたたく。ほんとーーーに長々とつまらない話をしゃべり続ける。前座4名、後締め1名の都合5名様。5名足して5分で済むような、同じような内容を繰り返し繰り返し話す。我が身の自慢を交えながら話すもんだから余計に長くなる。労働者たちはみな立ちっぱなしでそれを聞いている。腹が立ってきた。
 ところが、立候補者本人の演説は、15分に満たないほどの時間だったが、話し方が上手く、内容も簡潔にまとめられていた。問題点がはっきりしていて、その問題にどう対処したか、これからどう対処するかを具体的に解りやすく説明した。1時間45分の退屈な時間にあった内容の倍くらいの質を、たったの15分で話した。
 激励会はこうあるべき、などといった考えは無くしてもいいのではないか。前例に則らなくてもいいのではないか。初めの挨拶があって、立候補者の話があって、締めの挨拶があって都合30分で終わらせてもいいのではないか。その方が立候補者本人の魅力が表現されやすいのではないか。立候補者のたったの15分の話で、私には彼の考えや政治姿勢がよく伝わった。残りの1時間45分は、彼の魅力を半減させただけに過ぎない。
 激励会はまた、社長が社員に参加を強制するなどといった前例にも則るべきでは無い。個人の思想信条を捻じ曲げるなんて、けして許されることでは無い。それは、強姦にも似た屈辱の行為だ。人は、少なくともその心は、自由であって然るべきものだと思う。
 那覇市は明後日、市長選と市議選の投票日。誰が当選しようが落選しようが構わないが、有権者それぞれが自分の自由意志で投票できるような沖縄であって欲しいと願う。

 記:2004.11.12 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「地雷を踏む思いで」の追記 | トップ | 踏んでも、蹴っても »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。