ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アトム以下で

2005年02月11日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 先週の、計算すると、水曜日の朝のこと。テレビから「戦いはアトム以下で始まる」といった内容のアナウンサー(大塚さんだったかもしれない)の声が聞こえた。まだ布団の中でぐだぐだしていた私は、その寝ぼけた脳味噌で考えた。「戦う?アトム以下で?・・・アトム以下ということは10万馬力以下ということだ。1馬力は、確か大人の男を1秒間で1m持ち上げる力だったはず。10万馬力だと、10万人の男を“あー”と言う間に1m持ち上げる力だ。そんな力以下で戦うというのはどういうことだろう?誰が戦うのだろう?どんな戦いなのだろう?・・・などなど気になって、目が覚めてしまった。
 出勤して、仕事の合間にパソコンで調べる。1(フランス)馬力は正確に言うと、1秒当り75kg/m。10万馬力とは、7500トンの重さのものを“あー”と言う間に1m持ち上げる力ということになる。ジャンボジェット機が燃料満タン、乗客と荷物を一杯積んで約350トンというから、7500トンというとそのおよそ20機分。確かに鉄腕アトムはジェット機をも軽く持ち上げていた。すげぇー力だ。そんな力での戦いとはいったい。
 旧暦で言うと正月二日、新暦だと昨日の10日木曜日、その朝、テレビはサッカーの話題でもちきり。前夜は一人で旧正月をし、民謡に浸っていて、私はテレビを観ていなかった。若い頃はプロ野球、大相撲、プロボクシング、ラグビーなどよく観ていたが、オジサンになってからはスポーツ観戦に興味を無くしてしまっている。「勝った負けたと騒ぐじゃ無いぜ」といった気分。試合なんて所詮他人事だろう、そんな他人事に熱狂するサポーターの気持ちは、私の気分とは遠く離れている。たかが玉蹴りだろう?
 「アトム以下」の謎は、日曜日の情報番組を観た時に解けた。「北朝鮮戦まで、あと三日です」とのアナウンスがあって、その「アトミッカ」を聞いて、気付いた。先週水曜日の朝、(たぶん大塚さん)は「戦いは後六日で始まります」と言ったのだ。
 たかが玉蹴りの試合ではあったのだが、面倒な問題を多く抱えている北朝鮮と日本の試合は、勝ち負けとは別な意味で興味はあった。もし日本が負けたとしても、日本人のサポーターが北朝鮮の人たちに酷いことをしないでくれと願っていた。中国のサポーターたちのような低レベルの応援になってくれるなと願っていた。そんな私の願いは、まあ、勝ったということもあろうが、叶えられた。ニュースによると、試合はフェアなプレーで終始し、サポーターたちも変に騒がず、すごく良い試合だったようだ。政治とは関わり無く両チームとも十分に(10万馬力に匹敵する)力を発揮できたようだ。それは嬉しい。

 記:2005.2.11 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 挑戦するオヤジたち | トップ | 春闘無く、残業有り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。