ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

川は流れない

2007年05月04日 | ガジ丸通信-環境・自然

 私は通常、夜にご飯(主食となる炭水化物類)を食べない。木曜日から日曜日までは酒が主食となっている。酒の肴にあれこれ食べているので、栄養に不足はたぶん無い。月曜日から水曜日までの3日間は休肝日なので、酒の肴は準備しない。その3日間の夜の食い物は、概ね豆腐、時々ジャガイモなどが主食となる。冬場はたいてい鍋料理、夏場は豆腐と豚肉と野菜を炒めたもの、何とかチャンプルーがおかずになる。
 近所には、徒歩圏内(30分以内)に4つのスーパーがある。Aスーパーは職場から家への帰り道にあるので、そこで月曜日から水曜日までの夜の食料(豆腐、豚肉、野菜等)を買っていた。木曜日にはRスーパーへ行き、その夜の酒の肴と翌日の朝飯を買う。金曜日は、金曜日の職場の近くにスーパーがあるので、私はそこでその夜の酒の肴と翌日の朝飯、及び夜の酒の肴を買う。この、月曜日から金曜日までの買い物で私は、特に消費期限など気にしない。消費期限がその日で、50%引きなんかになっている肉などがあると、むしろラッキーだと思って、それを買う。

  土曜日には、Cスーパーへ行き、月曜日から水曜日までの晩飯分を除いた分の食料を買っている。木曜日までの朝飯、昼飯となる納豆、漬物、魚の干物類などもその日に買う。その際の納豆、漬物、魚の干物類については、私は消費期限を気にする。
 ふらここさんのブログにあった「賢い主婦はスーパーで手前に並んでいる古い牛乳を買う」というのを先週紹介したが、納豆、漬物、魚の干物類を私は、少なくとも木曜日以降が消費期限となっているものを選ぶ。スーパーで奥に並んでいる新しいものを買う。

 冷蔵庫にあるのをうっかり忘れて、消費期限が過ぎたものでも、私は口にすることが多いが、明らかに「これはいかん」と思われるものは捨てる。食物を「捨てる」のには大きな抵抗があるが、健康を考えて、きっぱり捨てる。
 スーパーで消費期限切れになったものたちもきっぱり捨てられる。それはおそらく大量である。飢えに苦しむ何万という人々を救うことができるほど大量である。
 もしも私が浮浪者だったら、「どうせ捨てるんだったら俺にくれ!」と文句を言うに違いない。消費期限ギリギリになったものは、その日の食物も覚束ない貧しい人々に無償で与えるというシステムを作ってもらいたいものだ。そういったシステムがあれば、私も安心して、浮浪者生活を、私の将来の姿の一つに加えることができる。

 高い所から低いところへ川の水が流れるように、たくさんあるところから少ないところへモノが自然に流れていくような社会なら、世界はもう少し平和になるかもしれない。でも、現状は、モノはたくさんあるところに、より集まっていくみたいである。
 その川は、富という水を満々と湛えているが、その水は、今のところ社会の隅々まではどうも流れないみたいである。隅々にタダで配るくらいなら、澱んで腐らして捨てた方がマシだと思っているみたいである。勿体無いのである。
          

 記:2007.5.4 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発明016 たたいまー | トップ | 瓦版029 キャンプの一夜 »

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブログみました (お金を最短で稼ぐために)
現在、ブログの勉強中です。おじゃまいたしますが、参考にさせていただいて、自分のブログ作成の勉強にさせていただきたくおもっております。
アトピー (アトピー研究サイト)
アトピーを総合的に考えるサイトです。アトピーに関するRSS情報を付記しました。
フリーズショップ (フリーズショップ)
フリーズショップのすべて。フリーズショップの総合情報です。
ジャーナルスタンダードのすべて (ジャーナルスタンダードのすべて)
ジャーナルスタンダードのすべて