ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ハーギシギシー

2011年01月06日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 「もう怒ったぞ!」のことをウチナーグチ(沖縄口)では「なーワジタン!」と言う。「もう」が「なー」で、「怒ったぞ」が「ワジタン」となる。「怒る」が「ワジル」で、その完了形が「ワジッタ」、それを強調して「ワジタン」となる。(たぶん)
 5年近く前の2004年の初めに、「会社のホームページを作りましょう。良い宣伝になります。民間の仕事が増えるでしょう。」と、実際にネットで見ることのできるサンプルを作って、社長に提言した。濃い墨構造改革のせいで、公共工事が減り、建設関連の企業は厳しくなると予想された頃だ。「公共工事が減り、建設関連は厳しくなる。」は予想通りとなったのだが、それから半年経っても、社長からはウンともスンとも返事が無かった。で、「なーワジタン!」となり、私は自分のHPを作ることにした。
 同じ頃、パソコンを購入したパソコン初心者の友人Hに、週に一度、彼の店に行ってパソコンを教えていた。ところが、本人に覚えようという情熱がほとんど無く、半年経っても初心者のままだったので、「なーワジタン!」となり、教えるのを止めた。
 「なーワジタン!」は、かような時にピッタリの言葉である。

 「怒る」は、じつは、普通には「クサミチュン」と言う。これは沖縄語辞典にも載っている由緒正しい「怒る」である。「ワジル」は、じつは「沸騰する」という意味で、「沸騰する」を人の感情に喩えて「怒る」となる。これは日本語で考えても容易に想像がつくと思う。最近では、由緒正しい「クサミチュン」はあまり聞かない。私も使ったことが無いので、どの程度の怒りを言うのか正確には知らないが、「怒りで感情が沸騰する」というニュアンスのある「ワジル」の方が、より怒っていると思われる。(たぶん)
 ウチナーグチが廃れてしまった現在でも、「ワジル」、「ワジタン」はよく耳にする言葉である。私もよく使っている。元々は強い怒りを表したかもしれないが、今ではちょっとした怒りでも「ワジル」、「ワジタン」を用いる。
 「とても」を表す言葉は、イッペー(いっぱい)、シニカ(死ぬほど)、シタリカ(したたか)などあり、「シタリカワジッタ」などと使う。それらもよく使う言葉であるが、「ワジル」を重ねて怒りを強調した「ワジワジーする」の方を、最も頻繁に耳にする。とても怒っているが少し余裕がある、というニュアンスがある。(たぶん)

 向かいの家に中型犬が飼われている。大人しい私の好みの犬だ。彼はロープに繋がれていて、それをいっぱいに伸ばしても、門の20センチ手前までしか届かない。
 隣の家には小型犬が飼われている。その家の主人が外に出ていると、彼も外に出ることがある。よく吼える犬である。煩いので私は嫌いである。そして、彼はロープに繋がれていない。自由に動き回ることができる。
  ある日、向かいの犬が激しく吼えていた。しかも、怒っている吼え方だ。見ると、隣の小型犬が、向かいの犬の目の前にいて、その門に小便をかけていた。中型犬がこれ以上前に出てこれないことを知っていて、おちょくっているようだ。
 私は向かいの犬の激しい怒りが理解できた。自分の家の門に縄張りの印をつけられたのだ。すごくバカにした行為である。しかも、相手はすぐ目の前にいるが、それを止めることができない。相手は吼えるしかできない自分を見て、嘲笑っている。このような怒りの際は「ハーギシギシー」という言葉を用いる。ハーギシーは歯軋りのこと。歯軋りがギシギシするほどの怒り。これもまた、よく耳にする言葉である。アメリカや日本政府の強権力による理不尽な行為に、ウチナーンチュは「ハーギシギシー」してきた。
     

 記:ガジ丸 2008.11.8 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一周忌 | トップ | お尻を拭くもの »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。