ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

程良い酔い加減

2009年02月20日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私は酒が好きである。愛していると言ってもいいくらいだ。私の部屋には常に数種類の酒がある。日本酒、泡盛、ワイン、ウィスキー、ブランデーは消えたことが無い。他にシェリー、焼酎、ラム、ウォッカなどもたびたび存在する。
 愛していると言ってもいいくらい酒好きの私だが、ベロンベロンになるほど酔うことはあまり無い。若い頃から酒は多く飲んでいたが、生来の体質が酒には強く、ベロンベロンになることは少なかった。ただ、アルコールを分解する能力には限界があるようで、意識は確かでも、飲んでゲーゲーすることは、若い頃はよくあった。
 飲んでゲーゲーしたのは、酒の旨さを知らなかったせいだと思う。実は、自慢するわけでは・・・あるけれど、私は大学生の頃に密造酒(当時は犯罪だった)を作っている。泡盛やウィスキーを飲んで、それらを旨いと感じていたので、日本酒も旨いに違いないと思って、日本酒を作った。それは、想像していた通り、旨いものであった。
 などという経験を経て、二十代前半の頃から酒は実に旨いものであると私は認識しており、それからは、ゲーゲーするのは酒に対して申し訳ないと思うようになり、その結果、飲んで、ある程度酔ってくると、もうこれ以上は、と手が止まるようになった。

 ベロンベロンになるほど酔うことがあまり無い私は、酔って失態、ということもあまり無い。私の友人には、飲んで、酔って、時々我を忘れて、たびたび失態をやらかし、周囲の顰蹙をかう男がいるが、私から見ると、彼は酒が好きなのでは無く、酔うのが好きなのではないかと思う。重ねて言うが、私は酒を愛している。なので、酒の味が解らなくなるほど酔ってしまうのは、酒に失礼と思う。で、私は、概ね程良く飲む。

  酔って失態をやらかした大臣には、既に辞めてしまったので、今さら何だかんだと言うことも無いのだが、マスコミの報道を見ると、「薬のせいにしているが、実際は酒であろう。」とかいう論調も多い。それについてはちょっと気になる。それでは、酒が悪者になってしまう。酒は悪くない。絶対悪くない。酒を悪く飲む奴が悪いのだ。
 マスコミの力は強いので、酒は悪いという風潮が世間に広まることを私は恐れる。煙草は悪いという風潮がマスコミを通じて広まったみたいにだ。

 程良く酒を飲むと気分が良い。飲んでいるこっちが気分良いので、周りも楽しくなる。ウチナーグチのテーゲーは、「テキトー、いい加減」というマイナスの意味にも使われるが、「良い按配、程良い」という良い意味でも使われる。私がこのHP上で使っているテーゲーは、概ね後者の意味で使っている。程好く酒を飲むと、程良い酔い加減となる。自分にも他人にも優しい気分になる。世界が平和になる。繰り返すが、酒は悪くない。
          

 記:2009.2.20 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 墓穴の掘り方 | トップ | 瓦版083 餅栗ぜんざい »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。