ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

バナナセセリ

2014年11月28日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 バナナを挵る

 セセリチョウを広辞苑で引くと挵蝶と漢字が充てられていた。挵るは「爪楊枝で歯をせせる」の「せせる」だ。念のため広辞苑を引くと、1に「「つつく。ほじくる」、2に「(小さな虫などが)くいつく」、3に「さぐりもとめる。あさる」、4に「もてあそぶ。からかう」とあった。「あさる」という意味もあったのかと勉強になった。
 「あさる」は「漁る」で、広辞苑によると1に「動物が餌を探しもとめる」、2に「魚介類を探しとる」、3に「探し求める」などとある。

 バナナセセリから「バナナを挵る」と連想し、「バナナを漁る」情景を思い浮かべた。この際の「漁る」は、「バナナを探し求める」の意味。まだ見習いとはいえ農夫の私なので、「美味しいバナナを探し求めるオジサン」を想像した。私は下品でもあるので、同時に「若く逞しいバナナを探し求める欲求不満の人妻」もまた想像してしまった。

 バナナセセリ(甘蕉挵):鱗翅目の昆虫
 セセリチョウ科 沖縄島、インド北部、マレー半島などに分布 方言名:ハベル
 名前の由来は資料が無く正確なところは不明。セセリチョウが広辞苑にあり挵と漢字が充てられている。「挵る」は「つつく。ほじくる。」(広辞苑)、または、「(小さな虫などが)くいつく。」(〃)、あるいは、「さぐりもとめる。あさる。」(〃)のこと。セセリチョウ科は花の蜜を吸う時、「つつく。ほじくる」ように見えるのかもしれない。バナナは、本種の食草がイトバショウの他、バナナでもあるからであろう。
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「台湾やフィリピンには生息していないのに、分布の中心から離れた沖縄島に生息している・・・1971年に初めて沖縄島中部で採集され」とあり、ベトナム帰りの米軍の荷物に紛れこんで入ったと推定されている。
 「日本に分布するセセリチョウのうち最大の種」とあり、前翅長37ミリ内外。また、目が赤いことも本種の特徴となっている。出現は周年。
 
 成虫1   

 
 幼虫

 記:ガジ丸 2014.11.24  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『検索入門チョウ』渡辺康之著、株式会社保育社発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アオバセセリ | トップ | クロヒバリモドキ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。