ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

回文、怪文

2006年10月20日 | ガジ丸通信-社会・生活

 回文とは廻文とも書き、カイブン、またはカイモンと読むが、「和歌・連歌・俳諧などで、上から読んでも下から読んでも同音のもの。」(広辞苑)などのこと。
 フジテレビの『タモリのジャポニカロゴス』を時々観ている。いつだったか、そのテーマが回文だったことがあって、番組を観ながら私もいくつか考えた。以前、その番組とは別の番組だったかもしれないが、「野茂の物」という回文が紹介されていて、「えっ!、固有名詞と格助詞を使えば回文なんていくらもできるじゃないか」と思ったことがある。それを思い出して、たとえば、
 那覇の花
 名護の粉
 コザの雑魚(コザは現沖縄市の一部の旧地名)
などが考えられる。それはしかし、少しインチキみたいで、それに短すぎて面白くない。固有名詞を使わない回文も一つ思いついた。
 カナノコは箱の中
これには格助詞の「は」が入っているが、その「は」を取って、
 カナノコ箱の中
でも、ちゃんと回文になっている。
          
 長い回文も考えた。これには固有名詞を入れてある。人名である。フジテレビのアナウンサー、可愛いということで有名な中野美奈子。
 サルサ下手中野美奈子波の彼方へ去るサ
彼女が実際に、サルサが下手なのかどうかについては、関知しない。もう一つ、高島彩の名前を使って、彼女が留学先から一時帰国したという想定で、
 帰省せる高島彩、親甘し、語る成績
これも、アヤパンの父親が甘いのかどうかについては、関知しない。
          

 さて、カイブンにはもう一つある。怪文書である。略して怪文と言う。怪文書は「いかがわしい文書。無責任で中傷的・暴露的な出所不明の文書または手紙。」(広辞苑)ということ。「文書または手紙」に「電子メール」も今は加わる。
 6月から職場のパソコンにいろいろな人からメールが来るようになった。最初の頃はローマ字の日本人名で、40日間で12件。7月10日から外国人名になり、50日間で54件、1日1件の割合となる。それが9月からは漢字の日本人名となって、その数は、昨日(10月19日)までの50日間でざっと270件。1日当たり5件強の数となっている。おそらく迷惑メールである。新手の詐欺メールに違いないと想像する。
 日本人名で、そのタイトル名が「ありがとう」とか「失礼しました」とか、「お詫び」とか「お願い」とかになっていて、一見、職場の誰かの知り合いで、何かしてくれたことへの御礼、何かしてしまったことのお詫びなどのメールかと勘違いしてしまう。うっかり開きかねないのである。あるいは、もしもその名前がたまたま自分の友人知人と同じ名前だったら、何の疑問も持たずに開いてしまうかもしれない。であるが、幸いにして、私以外の職場の人間がメールのやり取りをすることは無く、また、自分の友人知人と同じ名前のメールも来ていないので、私はまだ1件もそれらのメールを開いていない。
  メールを開いていないので、その内容が怪文かどうかは断定できないが、1日5件以上もいろんな名前で、似たようなタイトルでやってくるメールなのである。おそらく危ないメール、と私の危険予知能力は警告するのである。みんなも気をつけてね。

 カイブンにはさらにもう一つある。怪聞。「怪しいうわさ」(広辞苑)ということ。
 ケダマンに会いたいという人がいるが、もしも「ケダマンを首里城の近くで見た」なんてことを聞いたとしても、それはたぶん、怪聞ということになる。
          

 記:2006.10.20 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 進化した恐竜 | トップ | オジサンは反抗期 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。