ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

海老を得て鯛を失う

2010年02月12日 | ガジ丸通信-社会・生活

 「海老を得て鯛を失う」、略せずに書くと「海老を得んがために鯛を失う」となる。小さなもの(価値の低いもの)を得ようとしたばかりに、大きなもの(価値の高いもの)を失ってしまったという故事による戒めの言葉。広辞苑には載っていない。
 海老で鯛を釣った男が、釣ったばかりの、まだ生きている鯛を手に渚を歩いていると、潮溜まりで海老を見つけた。欲を出し、その海老も捕まえようとしたら、海老は潮溜まりから飛び跳ねて、海へ逃げようとした。慌てた男は、鯛を握っていた手で海老を掴んだ。その時、思わず鯛を放してしまった。鯛は元気よく海を泳いでいった。
 という故事。時と場所は、「むかし、むかし、あるところで」ということで不明。

 民主党は、幹事長続投で「海老を得て鯛を失う」にならないだろうかと思う。辞めた朝青龍は逆に、「海老を失い鯛を得る」ことになるかもしれない。

 倭国には「木を見て森を見ず」という諺がある。これは広辞苑にも載っている。「細かい点に注意し過ぎて大きく全体をつかまない」ということ。沖縄には「キラマー見ーシガ、マチゲー見ーラン」という諺がある。和語にすると「遠く海に浮かぶ慶良間諸島は見えるが、自分の睫毛は見えない」ということになる。つまり、「遠くのことばかり慮って、身近なことに思いが及ばない」こと、またはそういう人を戒める諺である。
 それぞれそういう諺があるということは、倭人には「木を見て森を見ず」の人が多くいて、ウチナーンチュには「キラマー見ーシガ、マチゲー見ーラン」の人が多くいるということなのかもしれない。確かに、ウチナーンチュはボーっとしている人が多い。

 私は正当なウチナーンチュで、子供の頃からよくボーっとしていた。で、家族親戚からは「トゥルバヤー」と呼ばれていた。トゥルバヤーとはぼんやりした人という意。
 大学生の頃、宮崎出身の友人たちからは「ぺーしちょる」とよく言われた。「ぺーしちょる」もぼんやりする意とのこと。その頃、香川県出身の友人と二人で井の頭公園のベンチに座り、池を眺めていたら、しばらくしてその友人が「あんた、よくそんなボーっとしてられるね。」と呆れ顔で言われたこともある。
 そんな私だが今は、これまで生きてきた時間より、この先残された時間が半分以下となってしまった今は、そんなにボーっとしてはいられない。何しろ、やりたいことが山のようにある。ボーっとしている暇は無いのだ。・・・が、

  「三つ子の魂百まで」という諺がある。「幼い時の性質は老年まで変わらない。」(広辞苑)のこと。ボーっとしている暇は無く、ボーっとしているつもりの無い私だが、無意識にボーっとしているらしく、うっかりミスが日常に多い。
 先週、金曜日の職場に水筒を忘れた。水筒は火曜日からの職場で必需品なので、月曜日に取りに行った。行ったついでにHPの修正をちょっとやった。HPのデータは全てUSBメモリにある。そのUSBメモリを使って作業を行い、作業を終え、忘れた水筒を忘れずに持ち帰った。家に帰ってから気付いた。今度は、これが無ければHPの記事書きができないというとても大事なUSBメモリを忘れていた。海老を得て鯛を失っていた。
          
 
 記:2010.2.12 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰らない青春 | トップ | とことん世代 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。