ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

二十日正月

2010年12月17日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 今日(2月28日)は、旧暦の1月20日、ハチカソーグヮチ(二十日正月)である。別名、終わり正月とも言い、旧暦1月1日から始まった正月が、この日でもって終わるとされている。主に本島中南部で行われている行事で、スーチキー(豚の塩漬け)を食べ、正月飾りを下ろし、ターウムニー(田芋煮)などのご馳走を仏前、ヒヌカン(火の神:台所にある)に供えて、正月祝いを締めくくる。
 那覇市にある私の実家で、この行事が行われていたかどうかを私は覚えていない。前回紹介した十六日(ジュウルクニチ、「あの世の正月」)は、その日になると祖母が「チューヤ(今日は)グソーヌショガチドー(後生の正月だよ)」と言いながら、仏壇にご馳走の入った重箱を並べたり、線香立てたりしていたのでよく覚えている。二十日正月はたぶん、やっていたにしろ、それほど大げさなことでは無かったのだろう。

 行事そのものは覚えていないが、ハチカソーグヮチ(二十日正月)という名前はよく知っている。その日はジュリ馬スネーの日でもあるからだ。
 ジュリとは漢字で尾類(いかにも蔑んだ文字だが、きっと庶民の心を知らない高級官吏か学者がつけたのだろう)と書き、遊女や娼妓のことを指す。スネーは行列のこと。辻遊郭(注1)の娼妓たちによる行列のことをジュリ馬スネーという。辻遊郭から選ばれた娼妓が舞妓となって、馬の形(春駒の芸の系統をひくと文献にある)の作り物を身につけンマメーサー(馬舞者)を中心に豊年を願い、歌いながら、踊りながら道を練り歩いた。
 娼妓たちが何故豊年を願うのかというと、おそらく、豊年になれば世間が豊かになり、遊郭に遊びに来る客も増え、「私たちも潤う」ということなんだろう。
 そのジュリ馬スネー、300年以上もの伝統があるといわれている行事だが、1988年を最後に一時途絶えた。2000年に復活したが、その時、婦人団体に開催を反対された。そりゃあそうだ。遊女の祭りなんて婦人団体が許すわけは無い。でも、祭りは復活した。批判を覚悟で敢えて言うが、独特の雰囲気を持った伝統ある祭りである。それはもう文化だと言っていい。つい最近女に捨てられた石田純一が、以前「浮気は文化だ」みたいなことを言っていたが、辻遊郭にははるか上質の恋愛文化があり、娼妓たちの始めた(注2)ジュリ馬スネーは、後世に残したい格式ある伝統文化なのである、と私は思う。
     

 注1、1672年、摂政、羽地朝秀によって現在の那覇市辻近辺に設置された遊郭。いわゆる公娼。辻遊郭についてはもっと語りたいが、いずれまた別項で述べる。
 注2、もちろん、現代は娼妓では無い。戦後、料亭の女性たちによって復興された。

 記:ガジ丸 2005.2.28 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの世の正月 | トップ | 強力な寒さ対策 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。