ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

強力な寒さ対策

2010年12月18日 | 沖縄01自然風景季節

 「さぶい!!」と叫びたくなるほど寒い。金曜日(4日)から冷え始め、昨日さらに寒くなり、そして今日もまた寒い。3月になったというのに今期一番という寒さだ。昨季一度も無かった10度未満という気温。例年でも気温が10度を切るなんてことは1日あるかないか、多い年でも片手で数えるほどしか無いというのに、昨日、今日と2日連続の気温9度。そんな中、「さぶい!!」と叫びつつ、お昼前、気合入れて散歩に出た。
 1月から5月にかけて、・・・もう少し丁寧に述べましょう。1月15日から5月5日まで、沖縄では花のカーニバルという催し物が行われている。観光客の少ない冬場に客を呼ぼうとの意図でもあるが、実際この時期、本土に比べるとはるかに多くの花々が沖縄では咲いている。カエンボク、コガネノウゼン、アカバナイペー、キワタノキ、シャリンバイなどがもうそろそろ咲く時期となっている。散歩の途中でそれらの花を見つけたら撮ってやろうと思い、ポケットにはデジカメを入れてある。
 その日の散歩道にはカエンボク、コガネノウゼン、シャリンバイがあったが、花にはまだ早いようだった。花の写真は1枚も撮ることができなかった。花の写真は取れなかったが、街路樹のウナズキヒメフヨウの刈り込みの傍、車道側にポツンと立っているウグイスがいた。ウグイスは何か考え事でもしていたのか、近くに寄っても逃げなかった。
     

  さて、ウグイスの写真1枚が収穫となった寒風中の散歩は約1時間半。体が温まるかと思ったが、寒風に晒されて却って冷えてしまった。家に帰って一服していると、寒さが、朝よりきつく感じるようになった。家にはごく小さな電気ヒーターしかない。部屋を暖める役には立たない。座っていると体が震えてくる。記事書きはしばし中止。
 布団乾燥機は強力な暖房器具ではあるが、寝る時にしか使えない。でも、私には昼間でも役に立つ強力な寒さ対策がある。その場駆け足である。部屋の中で走る。1、2、3、4と数えながら走る。片足600歩、両足で1200歩を走る。この日はそれを1時間おきに3回やった。前日の土曜日も3回やった。2日間で計7200歩を走った。1歩が1mとすると7200m走ったことになる。体は温まるし、運動にはなるし、私の強力な寒さ対策は一石二鳥の、まったくもって良い方法だと思うのだが、友人たちに薦めても誰も真似しようとはしない。減量にもいいのだが、太ったMにも無視されている。

 記:2005.3.6 ガジ丸 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二十日正月 | トップ | ウワイスーコー(終わり焼香) »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。