ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

長生きの秘訣

2010年12月31日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 先週土曜日(1月28日)、高校一年の時のクラス会があった。毎年1月に集まろうということになって今年が3回目。クラスには45人ほどいた(男女の数はほぼ同数、どちらかが23人)が、今回の参加者は16人であった。女子が8人、男子が8人とたまたま同数であったが、過去2回とも女子の数が多く、じつは、今回もまた、女子は11人の予定だったのが、急な用事で3人不参加となり、結果、男女同数となった。
  参加人数からも推し量れるように、オジサンとオバサンでは概ねオバサンの方が元気である。彼女らはよく食べ、よくしゃべり、よく笑う。3次会のカラオケボックスではよく歌う。なにしろ、見た目でも違う。オジサンたちは仕事の責任、家族に対する責任がプレッシャーとなっているのかしらないが、何かどこかに暗さがある。それに比べてオバサンたちは華やか、表情も明るい。笑い声も明るい。着ているものも明るい。
 結婚の早かった人はもう子供も成人していて、その面倒を見ることもなく、暇がたっぷりあるみたいである。遅かった人でも、その子供は小学校高学年にはなっているらしい。その人たちもまた、ある程度の暇がある。明日のことは考えず、遊ぶ時は思いっ切り遊ぶのである。3次会のカラオケを提案したのは女子。その時既に午前1時であった。

 2次会で、二人の、昔は可愛かった、今でもそれなりに可愛いオバサンに挟まれた。
 「あんた、結婚しないの?」という話になる。
 「いやー、もう、子供作る能力も無いし」と言うと、一人が
 「何言ってるの、私なんかいつでもOKよ」と私の左肩を叩き、もう一人は
 「あっしゃ!私なんかきっと80歳なってもOKよ」と私の右肩を叩く。そうなのである。彼女たちはよく食べる、よく飲む、よくしゃべる、よく笑う、よく歌うだけで無く、また、よく恋をするようである。いつまでたっても青春真っ只中のようである。沖縄のオバサンの元気の秘密はここにありそうだ。沖縄県の女性は長寿日本一、ということは世界一なのであるが、長寿の秘訣は、「いつまでも青春」にありそうである。
 ちなみに、沖縄県の男性の平均寿命は、全国の上位には無い。真ん中位である。
     

 記:ガジ丸 2006.2.3 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野良猫共2010年 | トップ | クスマヤー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。