ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

島燃ゆ

2012年08月24日 | 沖縄03音楽芸能・美術工芸・文学

 300坪の畑を借り(まだ仮だが)て以来、300坪全面に大いに茂った雑草を刈り取るのと、休憩場所となる畑小屋の製作とで毎日が忙しくなった。そのため無期限延期となっている作業がいくつもある。「加害者としての沖縄」調べもその一つ。
 沖縄戦で多大な被害を蒙り、多くのウチナーンチュが不幸に会ったが、ウチナーンチュもまた戦地へ出征した中にはアジアの人々に酷いことした兵士もいたであろう。日本兵から差別されることのうっぷん晴らしに、より弱い立場にいる朝鮮から徴集された兵隊たちに差別的な言動を取る兵士もいたであろう。被害者としてだけでなく、加害者であったことも書いておかなければ、右寄り教科書に文句は言えないと思ってのこと。
 ウチナーンチュの差別意識はしかし、戦時中における外国人に対してのものを調べるまでも無く、沖縄の中にあった。首里王府のある沖縄島はオキナワである。宮古諸島はミヤコであり、八重山諸島はヤエヤマだ。つまり、それぞれが独特の文化を持った気分的には独立した地域である。それは単なる区別なのだが、王府は差別した。

 宜野湾市立図書館の郷土資料コーナーに気になる本を見つけ、借りた。本は漫画の単行本。題名は『島燃ゆ』。人頭税廃止のために闘った宮古の農民たちを描いている。作者は新里堅進(しんざとけんしん)氏。新里堅進の名は知っている、私の200冊を超えるコミック単行本の中に氏の作品『水筒』がある。画質のしっかり(漫画チックでは無いという意味で)した、真面目に対象を捉える漫画家という認識を私は持っている。

  『島燃ゆ』の題材となっている人頭税、広辞苑の説明では「各個人に対して頭割りに同額を課する租税。納税者の担税能力の差を顧慮しない不公平な税とされる反面、経済的には中立的な税とされる」となるが、『沖縄大百科事典』に沖縄での人頭税(ニントウゼイと読む)が詳しく載っている。大雑把にまとめると「起源は定かでないが、薩摩侵入(1607年)から20年ほど後ではないか、廃止年は1903年。13歳から50歳までの男女に課せられ、個人の能力、土地の能力、天災などを考慮しない税制」となる。
 怪我や病気で動けなくなっても、台風や干ばつで不作であってもお構い無しの過酷な税だ。「そのうえに在地役人のなかには・・・収奪をかさね」たこともあり、宮古では「赤子の圧殺、堕胎などの間引きをはじめ・・・」などとある。元々過酷な税制の上、在地役人(ウチナーンチュだ)に悪い奴らがいて、悲惨なことが起きたのである。
     

 『島燃ゆ』は宮古島での人頭税廃止運動を描いている。那覇人の城間正安と新潟人の中村十作という若者二人がリーダー格となって、地元農民たちと団結し、様々な妨害、困難を乗り越えて、ついに人頭税廃止を勝ち得るまでの物語。
  薩摩藩の琉球侵入以降、薩摩に搾取され、琉球王府も金に困り、しょうが無くかような過酷な税制を課したという言い訳もあるが、王府にとっては宮古・八重山は武力によって征服した属国であり、差別して構わないという気分もあったのであろう。
 『島燃ゆ』には私の知りたかった「加害者としての沖縄」がかように描かれている。ではあるが、作品の主題は「不屈の闘志」と「正義」である。「不屈の闘志」によって「正義」が達成される。「そうだぜ、世の中はこうでなくてはいけない」と不屈の闘志を持たない私(正義感は少々持っている)は、気持ち良く本を閉じたのであった。
     

 記:2012.8.6 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食っていける一式 | トップ | 身の程農法 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。