ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

食本位制

2009年08月14日 | ガジ丸通信-社会・生活

 通貨の価値は金本位制によっているらしい。金本位制って何だ?・・・難しいので、私もちゃんと理解しているわけでは無い。で、広辞苑、
 きんほんいせい(金本位制)
 「定重量の金とが金兌換・自由輸出入を通じて等位関係で結びつけられている制度。」とのこと。この説明も難しいが、金1グラムに対して、それぞれの通貨がいくら支払うかということだと理解する。金は質に変化が無く、価値が安定しているからであろう。
 食料はその価値が変動するので、そういう意味では金本位制の代わりにはならないが、しかし。国の政策としては「食の安全、食の安定供給」を本位(=基本とする標準。中心になるものby広辞苑)としてもいいのではないかと思う。

 金本位制の金は金銀銅の金(きん)であるが、食本位制で私が対照としているのはその金では無く、円やドルといったお金(かね)の方。食い物が余るほどあると、余った分は腐らせてしまうだけなので、その意味では食い物よりもお金の方がいい。お金は腐ることは無い。しかし、食い物が無ければ、お金がいくらあっても生きていけない。
 価値の基本となるものは物である。食い物だけで無く、着る物や住む家なども含めた生活のために必要な物。例えば、魚や服には米いくら分といった価値がつけられる。魚や服を買うのにいちいち米を持ち歩く、あるいは逆に、米を買うのにいちいち魚や服を持ち歩くのは面倒なので、便宜的にそれらの物はお金に替えられる。
  便宜的に、お金によって米や魚や服はその価値の数値が示される。しかし、その数値はあくまでも「実態のある物」そのものの価値である。つまり、100円分の米は100円の価値ということでは無く、基本的には100円分の魚や服と替えられますよという価値である。お金は、物があるからこそ成り立つ存在である。

 まあ、基本的にはそうだと私は思うのだが、世の中はそうでは無い。人間の欲望もお金に替えることができるので、そこにさまざまなシステムが作られる。
 食うだけでは人間は生きてはいけない。人間には子孫を残したいという大欲がある。子孫を残すためにはパートナーを得なければならない。パートナーを得るためにはお金が大きな力となる。お金で身を飾り、相手の心を惹きつけることができる。お金はまた、生きていけるという安心感を与える。お金がたくさんあれば贅沢ができ、楽に生きることができる。それは相手にとって大きな魅力となる。お金こそが幸せの力となる。
  よって、お金そのものに大きな価値が与えられ、お金でお金を買うとか、お金でお金を生み出すというカラクリもできる。「お金本位制」の社会だ。

 幸い、私は既に子孫を残したいという大欲が薄れ、独り者で、養う家族もなく、お金をさほど必要としない。体を摺り寄せてくるお姉ちゃんのいる飲み屋にも、今はほとんど興味が無い。上等の家や車を持とうなんて気もさらさら無い。
 というわけで私には、遊ぶお金が無いなんていう不安は無い。ただ、少々貧乏なので、食うお金も無くなるという不安はある。なので、国の政策としてだけでなく、私自身のこれからの生活設計でも「食の安定供給」を本位にしなければならない。
          
          

 記:2009.8.14 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丈夫で長持ちというエコ | トップ | 源河川小流記 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。