ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

命がけの野生

2014年05月09日 | ガジ丸通信-環境・自然

 5月4日、温厚な私が、「今度見つけたら只では置かない、蹴っ飛ばしてやる」と決意する程に腹の立つことがあった。これだけの怒りは何年ぶりかのことだ。
 その日、シーミー(清明祭)があって、我が家の墓へ行く。ここ数年は従姉T夫婦とTの妹である従姉Hと4人でやっていて、今年も同様。
  約束の時間は11時だった。皆が集まる前に掃除をしなければならないので、私は10時半に着いた。ところがその時、「あんた今どこにいるの?」とTから電話、「墓にいるよ」、「何言ってんの?私達はさっきからいて、もう掃除も終わる頃よ」、「今、駐車場だ、すぐに行く」となった。いつもなら11時の約束でも30分くらい遅れてくるのに珍しいこったと思いつつ、墓へ着くと、仰る通り掃除は大方済んでいた。ということで、私は掃除する手間がほとんど省けた。墓の隣に住んでいる自由人は大勢の前だと遠慮するようで、小屋の中にいて姿を見せず、私は彼とのユンタク(おしゃべり)も省けた。彼の話は宗教絡みが多く、宗教嫌いの私は少々退屈を感じていたのである。
 その前日には同級生の昔は美人だったKが友人の女性を連れて畑を訪ねて来てくれた。オバサンと言えど、訪ねて来てくれたのは嬉しかった。その日はまた、従妹の娘、可愛いSから優しいメールもあった。そして翌日のシーミーでは墓掃除も少しで済み、自由人とのユンタクも無く、良いことばかりが続いて気分上々であった。
          

 事件は、それぞれの墓でシーミーの行事を済ませ、皆が私の畑に集まって、シーミーのお供え物を昼ご飯として食べ、3人が帰った後に起きた。
 私は供え物の御馳走を、おにぎりは明日の朝食、餅は昼食、その他のシシカマブク(肉と蒲鉾)などは晩の酒の肴として少々分けて貰い、ビニール袋に詰め、それを畑小屋の中の、買い物袋の中に仕舞っておいた。しかし、家に帰って買い物袋を覗くと、その御馳走が消えている。小屋に置き忘れたのだと思った。家に酒の肴はあるが、翌朝の朝食と昼食となるようなものは無い。その日は買い物袋の中に御馳走があると思っていたからスーパーにも寄っていない。「食うのが無ぇじゃないか!」と間抜けな自分に腹を立てながら小屋に取りに戻った。ところが、くまなく探したが、無い。跡形もない。
  私の御馳走は誰かに奪われたようである。3人が帰る時、畑小屋に御馳走を置いたまま私は道路まで出て3人を見送った。そして小屋に戻った。その間、おそらくたった3分ほどだ。そのたった3分の間に、小屋に忍びこんで、食い物の匂いを嗅ぎ、買い物袋を見つけ、その中に入っていた御馳走の袋を見つけ、持ち去っていった奴がいる。

 犯人の目星はついていた。我々が小屋前のテーブルで食事している時に、ミャーミャーと鳴き声が聞こえ、水タンクの下から顔を覗かせていた奴、2週間ほど前から畑近辺をうろちょろしている三毛猫だ。ずっと身を潜めて、我々が席を離れるのを虎視眈々と狙っていたのだ。そして、一瞬の隙をついて、まんまと獲物を掠め取ったのだ。
 御馳走を奪われたことに怒って「今度見つけたら只では置かない、蹴っ飛ばしてやる」となったのだが、しかし、よく考えると、敵もさる(猫だが)者である。たった3分の間に、見つかったら殺されるかもしれない危険を冒しての犯行。さすが野生だと感心した。命がけで食い物を得なければ生きていけないのだ、彼ら、捨て猫たちは。
          

 記:2014.5.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イワサキクサゼミ | トップ | マエジマアシブトウンカ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。