ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

金と時間のかかる試練

2015年07月24日 | ガジ丸の日常

 7日、「台風9号は沖縄島を直撃するかもしれない」と聞いて、作ったばかりのネットハウスや、その前に作ったテント蚊帳のハウスなど、「どうするべ」と悩む。テント蚊帳の中にはナーベーラー(ヘチマ)がよく育って、まだ小さいが実もいくつか着けている。ネットや蚊帳が強風を受けてハウスごと倒される恐れもあるが、ネットや蚊帳は防風の役にも立つ。それらを外すと中のものが死ぬ。判断できないままその日は終わる。
 8日になっても判断つかず、「沖縄島は9日昼頃から雨、夕方から強風」という沖縄気象台の予報を信じて、「台風対策は明日の午前中にしよう」と決める。
 9日、6時に出勤。小屋や物置の補強、飛ばされそうな物を小屋の裏や床下に保管し、ハウスにも多少の補強を施し、9時半には台風対策を終える。結局、ハウスごと倒されるリスクを負って、中のナーベーラーやキュウリ、パパイヤの苗などを守ることにした。ハウスが倒され中のものもダメになるかもしれないが、二兎を追うことにした

 台風9号は宮古島方面へ向かったが、暴風圏範囲が広く、9日の夜には沖縄島も暴風となった。宮古島方面を東から西へ進むということは沖縄島から見ると台風は南東から南西へ抜けていく。そうすると、沖縄島を襲う台風の風は、先ずは北寄りの風が吹き、その後は北東→東へとなっていくはず。風が北→北東→東なら南西~西~北西~北~北東~東の周囲270度を森に囲まれている私の畑に被害は少ないと予想された。
 9日の夜は、私の考える通り北寄りの風であった。10日の未明、激しい暴風雨の音で目が覚めた。いかにも台風らしい暴風雨の中、ヒメアマガエルが鳴いていた。うつらうつらしながら夜が明ける。窓の外を見ると、横殴りの雨があり、時折強い風が吹いた、まだ北寄りの風であった。時間が経つに連れて風は北から東へと変わっていく。風がだいぶ弱まった10時半、クマゼミが鳴く。クマゼミが鳴いているということは暴風圏から抜けたのではないかと思うのだが、ラジオの情報、沖縄気象台からの情報と思われるが、その時刻、沖縄島はまだ暴風圏とのこと。抜けるのは昼過ぎとのこと。
 昼過ぎ、その通り風が弱くなったので、午後2時頃家を出て、宜野湾の事務所でガジ丸HPとブログをアップして、3時にはそこを引き上げナッピバルへ向かう。

 私の車は細くノッポなので風圧を強く受ける。右へ左へハンドルを取られそうになりながらナッピバルへ到着。右へ左へ揺られながら気付いたのだが、その頃の風は東から南寄りとなっていた。しかも強かった。強風圏というより、まだ暴風圏みたいに強かった。
 「台風は返しの風に気をつけろ」とは昔から言われていることだが、畑の惨状はまさしくその通り、グヮバが20数本、バナナとパパイアが数本ずつ、その他の果樹も数本、それらのことごとくが北(より正確に言うと北西)に倒れていた。隣のサトウキビもその全てが北西へ倒れていた。東南からの(返し)風が激しかったようである。
 ゴーヤー10数株、ヘチマ3株も根こそぎ吹き飛ばされた。心配していたネットハウスは北西に傾き、鉄パイプの柱が、3本が沈下、3本が浮き上がり、その内の1本は少し曲がってもいた。中のものは、キュウリ1株がちぎられていたが概ね無事。
 テント蚊帳のハウスは4つの角の1箇所が上から下まで破れて、他の3ヶ所も風に巻き上げられ、蚊帳の裾は地面から離れていた。中のものは、ヘチマもパパイアも全滅。
     
     
     
     
     
     
 11日(土曜日)から台風による傷の修復に取り掛かる。倒れた果樹の立て起こしに数時間、傾いたネットハウスの修復には十数時間を費やし、修復不能と判断したテント蚊帳ハウスは撤去することにした。撤去して、そこには別の蚊帳を張ることにした。
 別の蚊帳はタープテント用の蚊帳、これは私のキャンプ道具の1つで、奥行きと間口は約3m、高さ約2mある。しかし、これを張るためにはその大きさの躯体が必要、鉄パイプとパイプ同士を繋ぐジョイントを購入し躯体を設置、数時間を費やした。
 台風の後始末には1週間、時間にして20時間余りかかったが、まだやることはある。倒れたグヮバは、台風のたびに毎度毎度倒れている。それを立て起こすのには毎度毎度数時間を費やしている。で、決めた。グヮバ並木に支柱を設置しようと、計算すると杭が14本、横棒が14m(4m角材で4本)を必要とする。
 タープ蚊帳の躯体材料に既に約4千円、それはまだ完成しておらず、台風にも耐えるような丈夫な躯体にするためにはなお5千円以上の材料費がかかる。グヮバの支柱材料には1万円以上かかる。バナナの支柱材料も必要だ、計2万円以上。台風という試練に耐えるためには金がかかるみたいだ。グヮバの支柱設置にはたぶん、10時間ほど費やすであろう。台風という試練に耐えるためには金だけでなく、時間もたっぷりかかる。

 ・・・淡々とやっていくしかない・・・悟っているなぁ俺。泣いているけど。
     
     

 記:2015.7.18 ガジ丸 →ガジ丸の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウセートーン | トップ | 2015.7.24 またも台風かよ! »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。