ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

白アリ恐るべし

2010年05月28日 | ガジ丸通信-社会・生活

 父が体調不良を訴えてから、私は毎日実家へ通い、入院してからは毎日病院へ通い、最期を迎えるための退院から葬儀、初七日まではまた、毎日実家へ通った。その約6週間、当然バタバタして、私の将来の生きる糧である畑仕事ができずにいた。
  先週木曜日はアパートの畑の草取り作業をし、島ラッキョウを収穫する。島ラッキョウの収穫は4月の予定だったので約一ヶ月遅れ、でもまあ、そのおかげで、今までにない丸々と太った島ラッキョウとなっていた。今回はまた、今までになく大量に植えたので、丸々と太った島ラッキョウがこれからしばらく、私の食卓に並ぶことになる。
 翌金曜日は宜野湾の畑へ行った。しばらくぶりの畑を見て、その惨状に目眩がした。一日四時間作業したとして三日は要するほどの雑草の量。畑仕事は草取りの他に、芋、ゴーヤー、パッションフルーツなどの植付けがある。どれも4月中に植え付ける予定であったものだが、まだ耕す作業さえ終わっていない。耕して、雑草の根を取り除き、堆肥を混入して、整地して、苗を植え付ける。一日四時間作業したとして十日は要する。
 畑仕事は量的に多く、しかも急ぎである。これからしばらくは畑仕事に時間を使わなければと思い、梅雨の晴れ間となった日曜日は畑仕事を予定した。ところが、予定は急遽変更となり、その日の起きている時間の多くを部屋の掃除に費やした。
          

 自産自消芋計画のための畑仕事を、本格的に始動したのは去年の10月頃だが、長靴などの畑道具の入ったコンテナを常に車に載せておくため、それまで車に載せてあった洗車道具やキャンプ道具の入ったコンテナを代わりに降ろした。
 降ろしたコンテナは部屋の畳間に置いた。私は概ね週に1回は掃除をする。その際、コンテナの下も掃除機をかけていたのだが、父の看病のため実家へ通い出してからの一ヶ月余は掃除をしなかった。その間、ジメジメした天気が続いたのも不運であった。
 父の葬儀も終わって、一段落した今月16日、「久しぶりにまともな(掃除機かけるだけじゃなくて、拭き掃除も含む)掃除をするか」となって、朝から精を出す。布団や毛布を干し、掃除機をかける。そしてその時、おぞましい事件が起きた。
 洗車道具やキャンプ道具の入ったコンテナを一ヶ月以上ぶりに置いてあった場所から移動しようと持ち上げた。「うわっ!」と叫ぶほどの光景がそこにあった。コンテナの置いたあった個所にたくさんの白アリがいたのだ。畳表が食われていた。
          

  白アリを掃除機で吸い取り、泥が付いたようになっている、一部は腐って黒ずんでいる部分の畳表を切り取り、切り取った部分に殺虫剤をたっぷり撒き、その後、部屋中の床をアルコール除菌剤を使って拭き、一件落着、・・・となったはずであった。が、
 一週間後の23日(日曜日なので掃除の日)、白アリ被害にあった畳を日干しにしようと持ち上げた。「うわっ!」と叫ぶほどの光景がそこにあった。畳の下には夥しい数の白アリがいたのだ。床板の一部が食われて、穴が開いていた。
 そこの白アリは掃除機で吸い取ったのだが、泥の付いたような白アリの通り道が他の畳の下へも続いていた。案の定、白アリは広がっていた。特に隣との壁際が酷かった。壁際に置いてあった本棚も食われていた。本棚の本も食われていた。ユクレー島物語の原画が描かれてあるスケッチブックも食われていた。「白アリ恐るべし」であった。
          
          
          
          
          
          

 記:2010.5.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なまじかける望み | トップ | 対岸の些事 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。