ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

止まらないルームランナー

2005年04月29日 | ガジ丸通信-社会・生活

 私の父が使っているルームランナーは、人がその上を歩くとベルトが回る式のもので、歩けば歩く早さ、走れば走る速さで回ってくれる。つまり、人の速さに合わせてくれる。
 ジムなどに置いてあるルームランナー、私はその実物を見たことは無いが、テレビで見る限りではどうやら電気仕掛けで動いているようだ。速さを設定すると、機械がその通りの速さで勝手に回ってくれる。人はその速さに合わせて動けばよい。そうすることによって効率的に、合理的に運動をすることができる。
 現代は、世の中の多くが機械仕掛けになっており、効率的に、合理的に生活することができるようになった。洗濯機が無ければ、掃除機が無ければ、車が無ければ、などなど考えると、ホントに機械仕掛けのお陰で、楽な生活をさせてもらっているのだ。
 機械仕掛けのルームランナーはスイッチを切れば止まってくれる。走り疲れたらスイッチを切って、休めば良い。だが、もし、止まらないルームランナーに乗ってしまったとしたら、そして、そのルームランナーから落ちると死んでしまうとしたら、ずっと走り続けなければならない。疲れ果てて死ぬか、落ちて死ぬかの二者択一となる。恐ろしい。
 現代は、世の中の多くが金拝主義となっており、効率的に、合理的に金儲けをしなければならなくなってしまっている。いかに儲けるかを考えると、能力以上の速さで走らなければならない。能力以上の速さでまた、走り続けなければならない。のんびり歩いたり、時々立ち止まったりするのは、金儲け主義の世界では無駄なこととされる。そんな「止まらないルームランナー」のような世界で、電車の運転手は走り続けていたのだろう。

 記:ガジ丸 2005.4.29

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過ちを犯さないシステム | トップ | こんな世間に誰がした »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。