ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

煮豆

2012年04月13日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 自作豆菓子

 豆の料理というと真っ先に思い浮かぶのが「ぜんざい」、沖縄のぜんざい。子供の頃から食べているかき氷の載ったぜんざい。倭国のぜんざいは小豆が使われるが、沖縄のぜんざいに使われる豆は概ね金時豆、金時豆はインゲンマメの1品種。
 ちなみに広辞苑による金時豆の説明、「インゲンマメの栽培品種。種子は楕円形で赤紫色。甘納豆や煮豆とする。」ちなみに、インゲンマメとアズキは同属別種。

  小豆も無いわけでは無い。小学生の頃、駄菓子屋で買い食いする時の私の好物の一つでもあった甘納豆、それは小豆が使われていた。小豆は他にも餡として、餡餅や饅頭に使われている。沖縄の月見の餅、フチャギも概ね小豆。
 豆ご飯というのを、私の母は時々作った。よく覚えているのはエンドウマメ(グリーンピースだったかもしれない)のご飯。父が好きだったようである。何か祝い事があった時に、母は赤飯を作った。赤飯には小豆が入っていた。小豆は、戦前は沖縄でも盛んに栽培されていたらしいが、戦後はおそらく輸入品が多く使われていたと思われる。

 舶来の豆料理もあった。缶詰のポーク&ビーンズという奴、豚肉と大豆をトマト風味の味付けで煮たもの。これも父の好きだったもので、我が家にほぼ常備されていた缶詰の一つであった。大豆の入った料理は他に、ヒジキの炒め煮位しか思い出せない。豆腐は別、豆腐は沖縄料理に多く使われる。味噌汁、チャンプルーに無くてはならないもの。
 豆まきの日に出る大豆の炒ったもの、ビールのつまみになる炒った落花生という豆料理も子供の頃から口にしている。ピーナッツバターなんてのもある。

 そんなこんなの、たくさんある豆料理、沖縄に昔からあった豆料理だが、倭国のお節料理にある煮豆というものを、子供の頃に食った覚えが無い。倭国で売られている弁当に煮豆が入っているのをよく見るが、沖縄の弁当に煮豆が入っているのはあまり見ない。文献を見ると煮豆が無いことは無いようだが、ポピュラーでは無いのだろう。
 甘く無い煮豆はよくある。私の母は弁当の中にエダマメをよく入れていた。弁当を開いてそれを見た高校生の私は「昨夜の親父のビールのつまみの残りだな」と想像しながら、甘い豆より塩味の豆が好きだったので、喜んで食べていた。

  オジサンという歳になってからは甘い煮豆が好きになってる。餡子も好きだが、餡子は酒の肴にならない。ぜんざいを作る時に買うくらいだが、煮豆は日本酒の肴になる。正月はほぼ必ず、そうでない時でも北海道産黒豆の煮豆などを時々買っている。
 不況が長引いて、私の貧乏生活も長引いている。で、今年からは煮豆も買わずに、自分で作るようにしている。煮豆料理は2度作ったが2度とも失敗。失敗の原因は砂糖、黒砂糖を用いた、黒砂糖は煮込むと苦くなる。でも、食えないことは無いので食っている。

 煮豆
 「豆類を砂糖・醤油などで煮しめたもの」(広辞苑)
      
      
 記:2012.3.31 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛おしいもの、古女房 | トップ | 強化しよ問題 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。