ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アカショウビン

2016年09月02日 | 沖縄の動物:鳥

 撮ったぞショウビン

 2015年6月21日付ガジ丸のお話『見たぞショウビン』で、初めてアカショウビンの姿を見たことを書いているが、その記事の中から少し抜粋。

 声は毎日のように聞いている。去年も一昨年も声は何度も聞いている・・・しかしアカショウビン、恥ずかしがり屋なのか警戒心が強いのか・・・その姿はまったく見せてくれなかった。が、2015年5月15日、私はついにアカショウビンを見た。
 その日、いつになくアカショウビンの声が大きく聞こえた。畑小屋へカメラを取りに行った。小屋の前に着いた時、声が一層大きく聞こえ、振り返った瞬間、グヮバの生垣のすぐ上を飛んで東の森方面へ消えた。畑小屋の前にいた私と彼が最接近した時の距離は約5mしかなかった。カメラを手にする暇は無く写真は撮れなかったが、全体的に赤っぽいその姿、特徴のある大きなくちばしははっきり確認できた。図鑑の写真で見たその姿に違いなかった。見たいと願っていたその姿、「見たぞ!ショウビン」という気分であった。

 以上がお話『見たぞショウビン』の主旨。
 アカショウビンの声は今年も4月以降、向かいの山、後方の山から幾度も聞かれた。しかしやはり、その姿を私の前に現わすことはなかった。しかし、7月26日、去年初めてアカショウビンを見た日から1年2ヶ月も過ぎた日のこと。
 1年2ヶ月前と同じく、いつになくアカショウビンの声が大きく聞こえた。アカショウビンが移動する時の声を、私は何度も聞いていて知っていた。その声が聞こえ、声の方向を見た時アカショウビンが左手の森陰から飛び立ち、正面の木の枝に停まった。
 その時私は畑小屋の前にいた。左手の森陰も正面の木の枝も40mは離れており、私の目の高さから10mほどは高い位置にあった。しかし私は畑小屋の前にいる。つまり、カメラがすぐ傍にある。そのカメラを手にし、取り敢えずその位置から望遠でシャッターを押す。数枚撮ったところで、アカショウビンに近付いて行った。20mほど歩いてまたもシャッターを押す。さらに近付こうとした時に、アカショウビンは消えた。
 その時撮った写真の内、何とか使えそうなのが2枚。後は遠過ぎて不鮮明。しかし、声はまあまあ鮮明(蝉の声なども入っているが)な声が録音できた。消えたアカショウビンは遠くへ去ったのではなく、むしろ、私により近い所の木陰に移動した。姿は見えなかったが、その辺りにいるということがはっきり判る大きな声であった。その姿も撮ってやろうと近付いて行ったら、目の前の木陰からアカショウビンは飛び去った。それはもう目の前10m先、高さも3mほどの木陰、飛び立つ姿がはっきり見えた。そして今回は遠くへ去って行った。惜しいことをした。もっと慎重に近付けばよかったと後悔。

 
 アカショウビン(赤翡翠):ブッポウソウ目の鳥類 →鳴き声
 ブッポウソウ目カワセミ科の夏鳥 全長28センチほど 方言名:クカル
 名前の由来は資料が無く正確には不明。漢字表記の赤翡翠は広辞苑にあった。翡翠でショウビンと読み「カワセミの別称」(広辞苑)で、翡翠をヒスイと読んで「カワセミの異称。雄を「翡」、雌を「翠」という」(〃)とのこと。本種はカワセミの仲間で、全身赤味を帯びることから赤と付いてアカショウビンなのだと思われる。
 カワセミ(全長17センチ、背から腰の色はコバルトブルー)と色と大きさは違うが全体のフォルムはよく似ている。頭でっかちで嘴も大きい独特な形。
 全身赤味を帯び、下面は黄色がかる。嘴は赤橙色、足は短くて赤色。『沖縄の野鳥』に「県内には全体的に紫色味の強い亜種リュウキュウアカショウビンが生息する」とあり、私の写真のものはそれかもしれない。同書には「基亜種との野外での識別はむずかしい」ともあり、素人の私には判別できるようなものではないようだ。
 全長は28センチほど。森林や平地の林に住み、鳴き声はキョロロロローと澄み切った声。全国各地に夏鳥として渡来し、沖縄県内では4月~10月に見られる。蛙・昆虫・小魚などを食料とする。大きなキノボリトカゲも襲って食べるとのこと。
 

 記:2016.8.7 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野鳥』沖縄野鳥研究会編、(株)新報出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『検索入門 野鳥の図鑑』中村登流著、株式会社保育社発行
 『野鳥ガイド』唐沢孝一著、株式会社新星出版社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧乏臭いオジサン | トップ | 2016.9.2 予定通り行かない »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。