ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イカ墨汁

2011年03月11日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 サギグスイ

 墨汁は、ボクジュウでは無く、スミジルと読む。沖縄の食い物の話をしている場合、たんにスミジルと言うと、イカ墨汁のことを指す。
 イカ墨汁はほとんどの沖縄料理の本に載っていて、その全てに「サギグスイ」であると書かれている。サギグスイ(下げ薬)、私はずっと「血圧を下げる」意味だと勘違いしていたが、正しくは便秘の薬、サギグスイの代表が、このイカ墨汁のようだ。

 イカは、沖縄ではシルイチャ(白イカ)と呼ばれているアオリイカを使う。刺身にしても美味しいイカだが、傷むのが早いので冷凍されたものや、鮮度が悪いものは刺身にはしにくいらしい。「釣りたてでないと」と、ある飲み屋の女将さんが言っていた。スーパーで並べられたものは、既に鮮度が落ちている。で、主に墨汁にして食う。
  丸ごとのシルイチャの場合は、先ず捌く。足と胴体を繋げている腱みたいなのがあるので、それを切ってから、足を胴体から慎重に引き抜く。足には口、目玉、ワタなどがくっついている。目玉の上に墨袋がある。取っておく。長さ3センチ前後の細長い卵型。表面が銀色に光っているので見つけやすい。慎重に扱わないと袋が破れて、手も、流し台も真っ黒に染まることになる。冷凍のものは破れやすいので、特に気をつける。
 どの料理本でも作り方はほぼ一緒。イカの胴体は皮を剥いで、ゲソと共に適当な大きさに切り、カツオ出汁の中に豚肉、ンジャナ(ホソバワダン)と一緒に入れ、材料に火が通ったら醤油と塩で味を調え、最後に墨を入れる。

  私の場合は、カツオでは無く昆布出汁。イカそのものの味を楽しむために豚肉は入れない。また、ンジャナの代わりにニラを入れることが多い。出汁の中に日本酒も加える。醤油と塩で味を調えるのは同じ。小皿に移しておいた墨袋に箸で穴を開け、それを汁の中に入れ、しばし泳がす。墨が溶け出て汁は真っ黒になる。箸先の袋は縮まって小さくなっている。袋は、食えるかどうか分からないので捨てている。スーパーで買う白イカのパックには、小さなビニール袋に入ったイカ墨が別途付いている。墨袋が破れて使えなくなった時の予備なのか知らないが、これもまた加える。濃い墨汁になる。濃い墨総理の濃い墨改革がウマくいくかどうかは不確定だが、濃い墨のイカ墨汁は間違いなくウマい。
 イカ墨汁を食った翌朝の雲子は黒い。けして病気では無い。イカ墨が消化されず出てくるのだ。私の住んでいるアパートのトイレは和式なので、黒い雲子をじっくりと眺めることができる。「イカを食ったんだ」という満足感が得られる。
 
 
 
 記:ガジ丸 2004.11.5 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フーチバー | トップ | ルートビア »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。