ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

学ぶ喜び

2011年01月14日 | ガジ丸通信-社会・生活

 多くの人に知的好奇心なるものが備わっていると思う。知る喜び、理解できた喜びなども多くの人が持っている感情だと思う。だから、知的好奇心を満足させ、知る喜び、理解する喜びなどを与えてくれる学校は、多くの人にとって良い場所だと思う。
 ところが私は、学校が、休み時間と給食時間と放課後を除いて、大嫌いだった。私に知的好奇心が無かったということは無い。友人たちとの遊びの中で必要な事は熱心に覚えたし、祖父や祖母から教わったこと(メジロの飼い方、釣り餌の採り方、作り方、オーハンブシーの作り方など)には興味を持って覚えて、今でも忘れないでいる。
 私の両親は善人で、真面目で、働き者で、少なからず尊敬もできたのだが、教育の仕方は間違っていたのではないかと思う。知的好奇心を普通に供えていた少年は、「学んで知る」ということにきっと喜びを感じたはずだが、両親にとって勉強は、「学んで知る」というよりも「良い成績を取る」ことが目的となっていたようだ。テストの成績や通信簿の評価が大事なのであった。毎日毎日「何だこの成績は!もっと勉強しろ!」と怒鳴られ続けて、それでたぶん、私は勉強が大嫌いになり、学校も嫌いになった。

 先週土曜日(1月8日)、友人KK子から興味深い話を聞いた。要約すると以下。
  「戦争で義務教育を受けられなかったお年寄りがいっぱいいて、その中には今からでも勉強したいと思っている人達も多くいて、で、そんな人たちを支援しているNPO法人があって、学校作って、学ぶ機会を与えているんだけど、資金が足りない。それで、国に資金援助を申し入れているんだけど、これがなかなかOKが出ないのさ。」
 国が起こした戦争で、教育を受けられなかったんだ、国が補償するのは当然ではないかと私は思い、「何で?」と訊いた。「文科省と厚生省とで管轄がどーのこーの」とKK子が答えたように思うが、酔っ払いが邪魔して、その辺ははっきり覚えていない。
 ただ、国への陳情のための会合が行われると聞いて、それには参加したいと思った、当事者(学びたくても学べなかった人たち)の話を聞いてみたいと思った。国の責任がどーのよりも、「学ぶとは何か」に私は興味があった。で、翌日、出かけた。
         

 会場に着いて、教室を覗く。教室には既にたくさんの人が集まっていた。ほぼお年寄りばかり。そして、教室の外には黒服のいかつい体をした男共が6、7名いた。「何者だ、こいつら」と思って、その中の一人に訊いた。「警備です」とのこと。
  そこで思い出した。そういえば昨夜、KK子が「岡田幹事長もやってくる」と言っていた。そうだった、だから、厳重な警備なのだ。黒服はSPだったのだ。お年寄りばかりの教室へも入り辛かったし、岡田幹事長にはほとんど興味無かったし、「マスコミもやってくる」と言うし、何か煩そうだなと思って参加は中止。そのまま帰った。

 岡田幹事長に興味は無いが、「学ぶとは何か」には興味がある。私の両親の考えのように「良い成績を取る」ことが「学ぶ」目的では無いはず、ジョギングの目的が「他人と競って勝つ」では無く、「己の健康のため」なのと同じことのはず、と私は思う。
 学べなかったお年寄りたちが「学ぶ喜び」を語るはず。「やんどー」と私は得心するはず。「いやいや、良い成績を取り、良い会社に入るためだ」と思う人も多かろうが。
         

 記:2011.1.14 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜学校 | トップ | 煙草屋が消えても »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。