ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

金で金を稼ぐ

2014年02月21日 | ガジ丸通信-社会・生活

 ひょんなことから知合った平和運動家Hさんから先週月曜日、「来沖するケネディー大使に手紙を書いた、領事館へ持って行くつもりだ、パソコンで清書してくれないか」と頼まれた。ちょうど私はブログ記事『イルカより劣る人間』書き終えたところだったので、Hさんはどんなことを書いているのか興味を持って、その依頼を快諾した。
  『はいさい キャロライン・ケネディたい。』というタイトルの手紙は、原稿用紙3枚分くらいの長さで、沖縄の基地負担の重圧を訴え、私と同じくイルカに触れつつ辺野古の豊かな海を守ることを訴え、沖縄の、平和を愛する者の素朴な心情が綴られたもの。
 その中で一つ、「この表現はよろしくない」と私が意見した箇所がある。「あなたはまだ若いのにお顔を見れば、しわがれ「おばあ」に見えますが、・・・」という一文。その後に続く文章を読めば、その真意が「経験を積んで、社会、人情などに深い思慮を持っているような顔」と言いたいのだということが解るが、いやいや、それでも、50代後半とはいえ、女性に対してその表現はいかがなものかと私は思ったのだ。
 しかし、手紙はそのまま出された。女性に対し細かく気を使わないHさん、それでも結婚できており、離婚した後、今は他の女性と同棲中。まあまあモテるのである。
          

 その翌々日水曜日、不動産売却金の管理についての相談で取引銀行へ行った。私の担当者は若い美女のYさん。銀行へ着いたのは11時頃、2、3分も待たずにYさんはやってきて、「テーブル席で話しましょう」と言い、彼女が指差した方向にある衝立の向こうに案内された。そこで2時頃までの約3時間、彼女と二人っきりで話。
  「畑やってるんですよね、いいですね、見てみたいです」とか、「自分で登記や不動産売買手続やるなんて、すごく頭良いんですね」とか、目をキラキラさせて大いに褒め、私を気持ち良くさせてくれる。そうしながら資産運用、投資の説明をした。
 「大事なのは金では無く物、金は道具に過ぎない」という考えの私なので、金で金を稼ぐような投資に興味は無く、お金は定期預金へと思っていたのだが、Y嬢がじっと私の目を見つめ、熱心に説明するのを聞いていたら、「こんな可愛い娘が一所懸命勧めてくれるんだ、投資してもいいかな」と、「金で金を稼ぐなんて」を忘れつつあった。
 投資するかどうか決定するのは明後日(金曜日)ということにして、その日は帰る。そして、約束の金曜日、いろいろ考えて、「投資はやはり人の生き方としては邪道だ、止めよう、やっても少しだけにしよう」と心に決めつつ、銀行へ。すぐに応接室に通され、お茶も出され、その日も3時間、応接室で概ねY嬢と二人っきりで話をする。
  前回もそうだったが、熱心な彼女は仕事の話だけでなく、目をキラキラ輝かせて、互いのプライベートまで会話を弾ませてくれた。私は思わず抱きしめてやりたくなった。もちろんそうはせず、その代わり、彼女が勧める投資商品に100万円の契約してしまった。鼻の下を伸ばしてオジサンは、美女の言いなりになったというわけである。
          

 若い美女が、オジサンに気を使ってあれこれお世辞を言い、長い時間話を合わせ、オジサンを気持ち良くさせてくれた。それに対し私は「彼女の評価が上がれば良いな」と気を使って契約した。それはもう、まったく、若い美女に対する私の優しさである。であったが、彼女から義理チョコ一つ貰えなかった。私はまあまあモテないのである。
          

 記:2014.2.21 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガジ丸のお話 | トップ | 幸せは何処にでも »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。