ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ムラサキクンシラン

2017年08月13日 | 沖縄の草木:草本

 君子とは「高い身分の人。人格が立派な人。徳が高くて品位のそなわった人。品位の高い人。人格者」(広辞苑)とあるが、紫君子でもう一つ思い出した。聖徳太子の『冠位十二階』である。その十二階は色でも分けられていて、最上は紫であった。・・・念のため広辞苑で確かめる。「冠名は儒教の徳目を参考にして徳・仁・礼・信・義・智とし、おのおのを大・小に分けて12階とした。各冠は色(紫・青・赤・黄・白・黒)とその濃淡で区別」。おー、当たっていました。私の脳味噌もまだ大丈夫みたいだ。
 そんな高貴な名前のついたムラサキクンシランであるが、実は私は、この名前をまったく知らなかった。クンシラン(君子蘭)は知っている。クンシランは南アフリカ原産で、ヒガンバナ科の多年草。過去に何度か園芸店などで見ている。そのクンシランの仲間で、紫色の花を付けるからムラサキクンシランという、のかと思ったら、違っていた。ムラサキクンシランはユリ科、アガパンサスという名前で有名。
 それにしても、アガパンサスが和名ムラサキクンシランというだけでなく、聖徳太子まで出てくるなんて、このガジ丸HPは勉強になる。・・・自画自賛。
 
 ムラサキクンシラン(紫君子蘭):花壇・切花
 ユリ科の多年草 南アフリカ原産 方言名:ヒャクシリン
 クンシランは南アフリカ原産の多年草で、ヒガンバナ科。本種は、広辞苑にはヒガンバナ科とあったが、『沖縄園芸百科』にユリ科とあり、こちらが正解。で、クンシランとは別科であるが、葉の形が似ているからなのかクンシランと名がついている。ムラサキは、花が紫だから。その和名よりも、実は属名であるアガパンサスという名の方が有名。英語名はアフリカンリリー(African lily)、和名よりずっと分かりやすい。
 乾燥に弱い。従姉の庭のものは池の中で育てられていた。地下に長さ10センチほどの塊茎を持っている。そこから細長い葉が左右対称に出てくる。その葉の中央から長さ40~80センチの花茎が伸びて、その先端にたくさんの花を散形状につける。品種によって花色は濃紫、青紫、白などがある。開花期は4月から5月。切花、花壇に用いる。

 記:島乃ガジ丸 2006.9.21 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムラサキオモト | トップ | ムラサキルーシャン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。