ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

少数派にも五分の魂

2008年03月21日 | ガジ丸通信-政治・経済

 大阪の、恥元弁誤士知事の発言が何かと問題になっている。仕事柄、言葉には敏感であろうと思うのだが、5人も子供がいて、人に対する思いやりもあると思うのだが、少々傲慢だと私も思う。若さから、発言の慎重さを欠いているのかもしれない。

 5、6年前、「来月からは皆、定時の10分前に出勤してくれ、その時間にミーティングをする。」と社長から突然の命令があった。社員は皆驚く。一人が控えめに反対意見を述べた。もちろん、確かめるまでも無く、その一人だけで無く、私も含めて皆が反対である。しかし、社長には怒鳴り癖があって、あまり強く反対すると怒鳴られる。で、他の社員は特に意見を述べず、一人の、控えめな意見も、控えめなままで終わった。
 その日の昼休みに、私は意見書を書き、社長に提出した。
 就業時間とは拘束時間です。午前8時から午後5時半までが拘束されている時間です。それでも、会社の利益は社員の利益にも繋がるので、仕事が上手く運ぶための必要な残業は、社長に言われずとも、我々は自主的にやっています。
 しかし、時間外就業の「強制」は不合理です。強制しなくても10分前に出勤している社員もいますが、その10分は彼の時間です。自分の仕事が上手くできるよう道具の手入れをしたり、または、一服したりするのは彼の自由です。
 というようなことを書いた。翌日、社長に呼ばれた。「来月から出勤は9時でいいですよ。」となった。そして、私を除く社員は皆、10分前出勤となった。
 そんな社長だが、恥元弁誤士知事に比べたらずっと思いやりがある。10時休み、3時休みを無くせとは言わない。夏場は、1時間ごとの休憩も認めてくれている。
 一服する時間の代わりに始業前出勤を求めるなんて、恥元知事は「もっと働け!お前たちに休みは要らない!」と言っているみたいだ。労働者は奴隷じゃ無い。

  恥元知事が共産党議員に言った「多数派になってから発言して欲しい」はもっと大きな問題である。にもかかわらず、報道番組のコメンテーターなどからあまり突っ込まれていない。皆、「若気のいたり」と認識しているのかもしれない。「しょうがない知事だ。経験不足ということだな。」などと思っているのかもしれない。
 多数決は民主主義のルールだが、しかし、「少数派は黙っとけ!」というのは民主主義の否定である。少数派に発言する機会が無かったら議会は要らない。

 一寸の虫にも五分の魂という言葉があ る。「小さく弱いものにもそれ相応の意地があるから侮りがたいの意」(広辞苑)とのこと。恥元知事は、人生は戦いだ、勝たなければ意味が無いといった信条をお持ちなのであろう。そして、選挙に勝って、地位と名誉を手に入れた勝者は、労働者や少数派といった弱者を侮っているのだと思われる。
 大阪府職員の「どれだけサービス残業をしていると思うのですか!」という発言はあっぱれであった。そうだぞ、労働者にも五分の魂があるぞ。また、共産党は、私の支持する党では無いが、今回は「負けるな!」と応援したい。少数派にも五分の魂があるぞ。
 しかし驚いたことに、知事に楯突く職員や議員に苦情殺到らしい。正しいと思うことを発言できない社会は恐ろしい、と私は思うが、大阪人はそう思わないのだろうか。
          
          

 記:2008.3.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カード社会 | トップ | 瓦版053 マミガジの絵本3 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。