ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

テーゲー

2011年01月03日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 先々週末、アニメーション作りに挑戦する。数日間、延べ30時間を費やしてアニメーション製作に没頭した。そのうち、最も長い46コマ20秒のアニメは、あんまりデータ量が大き過ぎて、HPのディスク容量に収まらない。で、それをまた作り直して、ぐんと小さくしたものを先週のHPにアップした。
 アップしたアニメも出来の良いものとは言えないが、アップできなかった20秒のアニメもまた満足からはほど遠い。「ここをこーすれば、そこをあーすれば」と思う箇所がいくつもある。というわけで、先週末もまた、アニメ作りにのめり込む。

  年末だというのに飲みにも行かず、土曜日の夜、日曜日の昼と夜、月曜日の夜の約10時間、既に作ってある46コマ20秒のアニメのバージョンアップに取り組む。あれこれ試行錯誤して、52コマ25秒のバージョン4が出来上がった。しかし、それでもまだ、不満が多く残る。「ここをこーしなきゃあ、そこをあーしなきゃあ」と思う。
 バージョン5に取り掛かろう、と一瞬思った。月曜日の夜、既に10時を過ぎている。クリスマスイブの夜である。おそらく、恋人達が愛し合っている頃である。一人ぼっちのオジサンはそこで、ふと、我に返ったのであった。
 「俺は偏執狂か?」と自身に問う。「これがオタクへの道の第一歩なのか」と考える。そして、「テーゲー(大概)にしとけよ。」と自身に忠告する。で、止める。

 オタクの定義について、私は正確な知識を持っていないが、ある一つの物事に熱中しているという意味だとすれば、オタクが悪いとは全然思わない。でも、私はおそらく、オタクの道へは進まない。私にはウチナーンチュのテーゲー主義が染み付いている。

 テーゲーとは大概と漢字で書く。文字通り、「だいたい」とか「おおよそ」とかいう意味である。他に、「ほどほど」とか「適当」という意味もあり、そして、悪い方の「いい加減」という意味も持つ。それらを全てひっくるめたテーゲーが私の精神に染み付いている。日常的には「まあ、いいか」という気分にいるのである。
 テーゲーは、真面目な人にとっては眉をしかめるようなことかもしれないが、人のミスに対しても「まあ、いいか」となる。優しい精神なのである。
      

 記:ガジ丸 2007.12.27 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トートーメー | トップ | ビーチ全般 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。