ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

映画黄金週間

2007年01月19日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 中学高校と映画が好きで、よく観に行った。その頃なら二日連続映画なんてことも何度かあったはず。だが、大人になってからは、そんなこと記憶に無い。記憶に無いほど久しぶりのことを先週やった。土日連続で映画を観た。映画黄金週間となった。
 土曜日は、桜坂劇場で上映されている『海流』というタイトルの日本映画。昭和30年代の沖縄が舞台になっており、その頃の沖縄の風景がふんだんに出てくる。それらを懐かしく思う年配の方々に人気があるのか、確か3度目の上映。
 日本映画黄金時代の作品には良いものもあるが、駄作も多くあると私は感じている。スターを出せば客が入る頃に量産されたからだと思う。『海流』もその一つであろうと、去年だったか一昨年だったかに最初に上映された時も、二度目の時も、私はほとんど関心を持たなかった。しかし、桜坂劇場が三度も上映するのだ。ひょっとしたら面白いかもしれないと思い、出かけた。・・・映画は、私の感性にはやはり、合わなかった。
 客の多くは年配の人。時々、あちこちで声が上がる。昔懐かしき場所があったのであろう。ところが、そうやってふんだんに出てくる沖縄の風景も、あんまり古すぎて私の記憶に一致する場面が無い。ストーリーはまあまあとしても、人物描写があまりに典型的過ぎて、魅力的なキャラクターがいない。何より、音楽がいかにも劇場的で煩い。
 ただ一つ、琉球舞踊を踊る場面があって、そこは少し感動した。主演女優である岡田茉莉子が、あまり上手とは言えない彼女が踊りの中心にいて、ちょっと邪魔ではあったが、約40年前の琉球舞踊が今と変わらずそこにあった。伝統の文化が連綿と続いているのだと感じた。『黒島口説』の場面では少しウルウルしてしまうほどであった。

 日曜日はめったに観ないハリウッド映画、『モンスターハウス』というCGアニメ。若い女と一緒。とても可愛い娘だが、とても若い。前日11歳の誕生日を迎えたばかり。従妹の娘。その従妹も一緒。発展的離婚をした女房と、その娘に久々に会って映画を観る元夫みたいな気分。ほんわかした気分で仲良く時間を過ごす。
 CGアニメを私は初めて観た。慣れないせいなのか、特に、人物や動物の表現には違和感があった。どうにも人物や動物に見えないのである。人形みたいなのである。
 普通のセルアニメでは、髪の毛はさらさらと風になびく。CGアニメの髪の毛は、動きの無い塊。風景もまた、セルアニメの方が上手な水彩画のようで私は好き。立体感はCGの方が勝っているかもしれないが、それがそこに存在するという確かさは、セルアニメの方に私は軍配を挙げたい。まあ、それは人それぞれの好みであろうが。

  従妹の娘、11歳になったばかりのHは、絵が上手である。彼女が赤ちゃんの頃には何度か会っているが、以来久しく会わず、去年の暮れに8年か9年ぶりくらいに会った。その時、彼女は私に絵を描いてくれた。可愛い猫の絵だった。私はその猫にリランという名前をつけて短い絵本を作り、彼女へのクリスマスプレゼントとした。
 絵の上手な子は、もっと絵が上手になって、いつか面白い漫画を描いて、私を楽しませて欲しい。そんな願いをちょっと込めた。
          

 記:2007.1.19 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローリングペーパー | トップ | 踊る納豆、踊る妄想 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。