ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

欲の成せる宗教

2016年03月04日 | ガジ丸通信-科学・空想

 美女に誘われ、ある教会で開かれた講演会を聴きに行って、それに対する感想などを書いている内に、私の脳味噌はしばらく宗教のことに関心が向いた。で、ちょっと妄想。神の存在をちっとも信じていない私だが、こんな神ならいいかも、といった妄想。

 私の神は怒ることが無い、人間が何をしても怒らないし、罰を与えることもしない。いつも静かに微笑んでいる。子供がやんちゃしてもイタズラしても黙って見ている。不良グループが万引きしてもカツアゲしても黙って見ている。親が子供の首を絞めても黙って見ている。成功者が覚醒剤に溺れても黙って見ている。
 清原がついに天寿となって三途の川を渡る。渡りきるとそこに神がいる。神には時間と空間の概念が適用されないので、一遍に無数の時間と空間に存在するので、清原1人に構うこともできるのだ。そして、神は清原に語りかける。「辛かったか?」と。
 清原はここで胸の内を洗いざらいぶちまける。そして最後に、ゆっくり深い息を吐きながら「辛かったです」静かに呟く。神はそんな清原に手を差し伸べ、
 「そうか、辛かったか、でも、もう大丈夫だ、お前を解放してあげよう、さぁ、こっちへおいで」と言い、清原を我が身のもとに寄せ、彼の背中をさすってあげる。その時、清原に光が射す。清原は安堵を得、無上の喜びに浸り、感謝と幸せで涙が溢れ出る。
          
 
 人間は何故悪いことをするのか?悪いこととは何ぞや?ということもちょっと考えてみた。私が思う悪いこととは「他人の生命財産を奪うこと」のただ1つだけ。生命財産には健康、時間、自由、感性などといったことも含まれる。「何故悪いことをするのか」については、「身の程知らずの欲望があるから」ではないかと考えた。
 「食って、糞して、寝て、働いて、結婚して、子を成して、子を育て、天寿を終える」こと以上の欲望を人間は持ってしまった。そうすると、他人の生命財産を奪ってまでも我が欲望を満たしたいと思う者がどんどん出てきた、のではないかと考えた。
 悪い奴が増えると社会が安定しない。奪う奴がいると、農夫も安心して作物を生産できない。作物ができないと支配者たちも大いに困る。よって、悪い奴らは捕まえて罰に処さなければならない。しかし、警察の力には限界がある。どうする?
 ある日ある時、「そうだこうしよう」と良いアイデアが浮かんだ。「一人一人に悪事を恐れる心を植え付ければいいのだ」という画期的アイデア。
 「お前も俺もそうだが、民衆も「永遠の命が欲しい」という欲望がある。そこにつけこむのさ。善人であれば天国へ行き、永遠の命を得られる。悪事を働けば地獄へ落ち、永遠の苦痛が与えられる、ということにしたらどうだ?」
 「飴と鞭ということですね、良い考えです。早速そのように手配しましょう。」

 というわけで、宗教が生まれた。地球上のどの人間社会でも同じような悩みがあり、そして、同じようなアイデアが生まれ、同じように実行された。ということで、地球上のあちらこちらで神が生まれ、天国と地獄が生まれた・・・のではないか。
 社会の安定のために宗教が生まれ、人間の「永遠の命に対する欲望」が天国という架空の存在を望んだ・・・のではないかという妄想、そう、あくまでも妄想です。
          

 記:2016.3.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寛容による平和 | トップ | 強き者たち »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。