ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

尊敬の無農薬有機栽培

2011年07月15日 | ガジ丸通信-社会・生活

 沖縄の今年の梅雨は、記録的に早く入り、記録的に早く開けた。倭国でも同じようなことが起きて、今年は全国的に梅雨入り梅雨明け共に早かったとのこと。
 沖縄の今年の梅雨、4月30日に梅雨入り宣言があって以来、スカッと晴れた日がほとんど無く、いかにも梅雨らしい天気が続いた。寝具は5月初めから既に掛け蒲団からタオルケットに代わっていたが、もう使わない掛け布団、6月になってもまだ押入れの中に仕舞われていなかった。ベッドの傍の畳の上に放って置かれていた。
 毎年のことだが、蒲団は押入れに仕舞う前に干している。天日干しして、太陽光で殺菌して後に蒲団圧縮袋に入れ、圧縮してから仕舞っている。その天日干しが今年はなかなかできず、たまに晴れた日があっても「あっ、晴れた。畑へ行かなくちゃあ」と、畑仕事を優先していた。蒲団を干さなくても食っていけるが、畑仕事をやらないと食っていけないので、そりゃあもう、何を優先するかは言うまでもない。言ったけど。

 記録的に早く梅雨が明けて、布団干しも終えて、「さあ、心おきなく畑仕事ができる」と思ったら、梅雨明け早々、記録的な暑さがやってきた。日中の炎天下で農作業をしていると1時間もしないうちにクラクラしてくる。で、素人農夫は考えた。「夜明けと共に起きて、太陽がガンガンギラギラしないうちに働こう」と。
  以来、目覚ましを4時半にセットして、遅くとも5時前には起きて、遅くとも6時半までには畑仕事を始めている。6時半だと畑の大部分は日陰で農作業も楽。10時を過ぎると畑から日陰は消える。午前中と言えど日向での作業はきつく、全身から汗が吹き出し、シャツが濡れ、ズボンが濡れる。1時間でギブアップ。で、11時には終える。
          

 私の畑仕事に費やす時間の多くは草抜きである。雑草は抜いても抜いても、次から次から生えてくる。土を耕しながら雑草の根の除去作業をするが、これもまた時間のかかる面倒な作業。根の除去は完璧にはできない。よって、何週間か経つと雑草は芽を出す。芽を出しながら奴らはまた、地下で増えていき、1個の根がたくさんの芽となる。雑草の中でも特に厄介なのがコウブシとハイキビ、彼らの根絶は非常に困難。
 いつ果てるともない草抜きや根の除去ばかりをやっていて、いい加減飽きてしまった素人農夫は二ヶ月ほど前、重大な決意をした。「除草剤を使おう」と。
  畑は100坪ほどの広さで、そのうち作物を育てている畑は20坪ほど。残りは果樹や造園木の植栽域と、刈草置場、通路となっている。畑の20坪は今まで通り手間のかかる手作業の抜根除草を続けるが、残りの80坪、造園木や果樹の根元を含めた全域に除草剤を撒くことにした。除草剤を撒きながら「たった100坪の土地で俺はこんなことしている。広い土地で無農薬有機栽培をしている農家はすげぇ!」と思った。

 私の畑に化学肥料は使ってない。殺虫剤としての農薬も使っていない。そういう意味では無農薬有機栽培と言える。お陰で、甘藷や野菜が虫に食われるし、作物の出来も芳しくない。自分一人食える分が収穫できれば十分なのだが、甘藷以外はまったく自給できていない。まったく、無農薬有機栽培で経営ができている農家はつくづく偉いと思う。私もそうできるようになりたいと思う。思いつつ、除草剤を使っている。まったく・・・。
          

 記:2011.7.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活習慣欲病 | トップ | ラヂオ生活 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。