ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

貧乏が育む優しさ

2015年11月27日 | ガジ丸通信-社会・生活

 過日・・・日記を調べると10月31日午前10時頃、いつものようにコツコツ畑仕事をしていると、隣のTさんの畑の前に軽乗用車が停まった。運転手が降りて、私のところへ向かいながら「すみませーん」と声をかけてきた。オバサンだ。お嬢さんならニコニコする私は、でも、オバサンであっても無視したりはしない。立ち上がって、彼女のいる道の傍まで行って、話を聞く。話は、かいつまんで言うとこうだ。
 「津堅島から来た。娘の家に行ったが、娘は留守だった。」
 「携帯電話の電池が切れて電話もできない。」
 「車のガソリンが残り少なく、津堅島まで帰れそうにない。」
 「財布も忘れてしまった。」
 ということで、ガソリン代を貸してくれとのことだった。新手の寸借詐欺か?と疑わないわけでもなかったが、名前も聞かず1000円貸した。

 名前も聞かず、借用書も作らず、証拠となるような写真も取らず1000円貸した。貧乏な私、1000円は2日分の食費となる。でも、「近い内に返しに来ます」という彼女の言葉を信じた。じつは、私には魂胆があった。『走れメロス』みたいなことを期待したのだ。数日後、津堅島名産のお菓子を携えて彼女がお金を返しにくる。いやいや、お菓子を期待していたのではない。「人は信じて良い」という満足感を得たかったのだ。満足感と共に、「信じる」というテーマで話が書けると思ったのだ。残念だが・・・。

 先週土曜日、友人K子とその娘A嬢を誘って昼飯デートをした。その帰り、K子からビール6缶を頂いた。普段発泡酒の私なのでビールはご馳走になる。実は、4月に友人Gからビールを12缶貰っていて、それもまだ半分以上残っている。アタラサー(大事に)しているわけだが、その翌日、同じくアタラサーしていた、これもK子からの頂き物ホタテ貝柱の燻製を肴に久々のビールを飲み、久々の日本酒を飲んだ。幸せを感じた。
 私の幸せは「肴と酒が普段より贅沢で、旨くて満足したから」ということもあるが、頂いたものの向こうにいるK子やGの優しさを感じたからでもある。
 優しさといえば、デートに応じてくれ、2時間もオジサンとユンタクしてくれたA嬢も優しい。母親と同級生のオッサンが誘っている。普通なら年上が年下に、男が女に、誘った方が誘われた方にデート代を奢るのだが、オッサンは割り勘だ。申し訳ない。それでも付き合ってくれるので、A嬢の優しさを強く感じ、私は癒されている。「幸せは金ばかりじゃ無ぇんだよ、優しくされたり優しくしたりなんだよ」と言いたくなる。
          

 昔の人はたいてい貧乏だったから、優しくされたり優しくしたりが人生の大きな幸せだったに違いない。そんな幸せの積み重ねがさらなる優しさを育んだかもしれない。昔の沖縄(伊是名、伊平屋では今でも)では、縁側にお茶とお菓子を用意し、道行く人が誰でもその親切を受けることができた。不特定の他人にも優しさを惜しまない。そんなウチナーンチュの優しさは「みんな貧乏だった」から来ているのかもしれない。
 それに比べ現代は、金と物が満ち溢れているのに不平不満にも満ち溢れている。どうやら幸せを感じるハードルがとても高い位置にあるものと思われる。
          

 記:2015.11.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.11.27 愚痴は言うまい | トップ | シロアゴガエル »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。