ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

生きているだけでは儲けない

2006年02月24日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 昔は可愛かった、今でもそれなりに可愛い同級生からのメールに、
 さんまの子供につけた名前の由来でしたっけ、
 『生きているだけで、まるもうけ』 いまる?
 人生そのものだと思います。
 生きたくてもそれさえも叶わなかった人達に比べれば、
 『生きているだけで、まるもうけ』です。
とあった。私もまた、概ねそう思い、ガジ丸HPのどこかで『生きているだけで、まるもうけ』を引用している。沖縄の言葉『命どぅ宝』は、「命こそが宝です。生きていることが大事なのです。」といった意味で、『生きているだけで、まるもうけ』と似ているといったようなことを書いた覚えがある。
 だが、それは、少し言葉が足りなかった、と今は思う。『生きているだけで、まるもうけ』は、無条件で、というわけではないようなのである。少なくとも、息をすること、飲むこと食べること、排泄すること、眠ることなど、これら生命維持に必要なことにおいて、何の苦痛も無く生きていけるのなら、それは、たとえば貧乏でも、恋人がいなくても、結婚できなくても、子供がいなくても、『まるもうけ』と言えるのだ、と今は思う。
 後から聞いた話なのだが、亡くなったMさんは、発病してから既に2年近くが経っており、その間、何度も手術を受けるという辛い思いをしながらも、容態は徐々に悪くなっていったのだという。横になると激しく痛むので、ゆっくり寝ることができない。息をすることさえも苦しかったという。生きていることが辛かったのであるが、残されるものの悲しみを思って、必死になって、死神の誘いに抵抗していたそうなのである。
 絵本『ウナ爺の不思議ダネ』は、子供たちが元気に育ってくれることを楽しみにしている爺さんの話。種から芽を出し、成長して、葉を広げ、花を咲かせ、いつか実を付ける植物に喩えて、子供たちが太陽の下、風に吹かれ、雨に打たれ、いつか大人になるんだ、それはとても素敵なことなんだということを話の主旨としている。
 ところがである。それでは片手落ちだったのである。種は、たとえこの世に芽を出したとしても、その芽は、みながみな元気にすくすくと育つわけではないのである。
 私の食中毒は、水を飲むだけで便意を催し、食べ物の匂いを嗅いだだけで吐き気を催し、仰向けに寝ると背中が痛く、伏せると腰が痛く、横になるとお腹がグルグルした。ゆっくり寝られない。そんな状態はたった36時間のことであったが、「難儀なこった」と思い、「こんなことが何日も、何ヶ月も続くと生きているのが嫌になるだろうな」と思った。そして、ふと、そうやって生きている人が世の中には多くいるのだということに気付く。また、生まれつき難儀なハンディを負った人も多くいるのだということに気付く。
 私の考えの足りなさは、いつも元気にはつらつと動き回って、すくすくと育っていく人間ばかりを見ていたということなのである。生命を維持するだけでも難儀を強いられる人々のことを、全く考慮に入れていなかったということなのである。
 私の食中毒は、「はんでぃきゃっぷを乗り越えてなお、楽しみがいっぱい、という話も書きなさい」とのお告げなのだろうと、今は思う。「乗り越えてなお」は、『それでも楽しみダネ』、『だから楽しみダネ』、『みんなと一緒ダネ』などなど、ということであろう。

 記:2006.2.24 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えないものからの待った | トップ | 自然治癒力機能付き »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。