ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

フツーは難しい

2005年09月30日 | ガジ丸通信-文学・美術

 美術には少し興味があって、NHKの「新日曜美術館」を観ている。自分の部屋のテレビではNHKの映りが悪いので、金曜日の職場でビデオ録画したものを観ている。1本のビデオテープにはだいたい1ヶ月分が収録されていて、しかも、テープは常に2、3本は溜まっている。したがって、私は概ね2、3ヶ月前の番組を観ることになる。
 「新日曜美術館」では、現在どこでどのような展示会をやっている、といった情報も番組の中でやっている。2、3ヶ月遅れで観ると、それらの情報はたいてい既に過去のものとなっていて、「なんだ、この間の旅行でちょっと足を伸ばせば、こんな展示会があったんだ。勿体無いことをした。残念。」ということがたびたびあった。で、その反省から、旅に出る前の1ヶ月前くらいからは、前の週に録画したものは1週間の遅れで観ることにしている。そして、今日も、去った日曜日の「新日曜美術館」をさっき観た。
 松田正平という画家を私は知らなかったが、番組で紹介された犬を描いた彼の作品の一つを観て、とても興味を持ち、また、番組のサブタイトルであった「鬼は易しいが犬は難しい」には、さらに興味を惹かれた。
 松田正平の座右の銘に「犬馬難鬼魅易」というのがあり、それは「犬馬は難し、鬼魅は易し」と読む。広辞苑によると、鬼魅は「おにやばけもの。妖怪変化」とある。「犬馬は難し、鬼魅は易し」はつまり、鬼魅といった現実には見えないモノを描くのは易しく、フツーにそこに存在する犬や馬を描くのは難しいのである、ということ。
 私がハリウッド映画をあまり観なくなったのは10年ほど前からのこと。小津安二郎を知ってからのこと。小津安二郎という名は学生の頃から知ってはいたが、その作品の良さ(まだ十分理解しているとは言えないが)を知ったのが10年ほど前。彼の映画もまた、難しいと松田が言うフツーを表現している。フツーの人間を深く、的確に描いている。
 先週土曜日、アンチハリウッドの映画館、桜坂劇場で上映されているアンチハリウッドのウッディー・アレン監督の作品「さよならハリウッド」を観た。ウッディー・アレン監督も小津安二郎同様で、アンチハリウッドの私好み。映画は十分楽しめた。
 火曜日、私の愛するシンガーソングライター、及びピアノ弾きである鈴木亜紀のライブに出かけた。彼女の歌がフツーの人間を表現しているかどうかは、“恋は盲目”の私に正確な判断はできないが、少なくとも、自分の感性を素直に、真っ直ぐ表現していると私は感じている。1年ぶりのライブ、十分楽しむことができた。
 ライブが終わって少しの時間、彼女と話をする機会があった。「いい歌ですね」とか「好きです」とか、その時感じたことを素直に言えば、一所懸命演奏した彼女も喜んでくれると思うのであるが、また、それが良い時間を過ごせたことに対するフツーの態度だと思うが、そういったことは一切口から出ず、偉そうに歌の評価などをする。まあ、イイ女の前で気取ったということなのだ。こんな場面でも、フツーはなかなかもって、難しい。

 記:2005.9.30 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢と希望の館 | トップ | 現在壮年クナン »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。