ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

良い空気は健康の元

2015年01月02日 | ガジ丸通信-社会・生活

 「年末は大掃除があるから忙しいさぁ」と友人達は言うが、私は他のことで忙しくて大掃除も小掃除もできなかった。風呂場兼トイレはこのあいだやったが、台所のコンロ周りなどはもう二ヶ月以上も掃除していない。部屋はきれいにしたい。きれいにすれば旨い酒も旨い肴もより旨くなるということを私は知っている。正月であれば旨い酒と旨い肴が欲しい。ということで、2015年が明けて、私の正月は掃除から始まった。

 1月1日は朝から酒を飲んでいることが多いが、今年は違った。ガジ丸ブログの引っ越し作業もまだたっぷりある。それもやりながらこの日は朝から掃除。洗濯もし、この後の酒の肴の料理もしたので部屋全部の掃除は「無理だぜ」とすぐに諦め、台所の掃除だけをする。それが終わって2時過ぎから酒、日本酒を1合ばかり飲む。
 酒を一旦休止して、4時過ぎからはガジ丸記事書き(この文など)をし、その後、風呂場兼トイレの掃除を終えた。通常は、部屋の掃除は2日に1回、台所の掃除は月に2回、風呂場兼トイレの掃除は週に1回はやっていた。それがこの半年大いに怠けていた。
 部屋がきれいだと気持ちが良い。気持ちが良いというのは良い時間を過ごしているということ。人生の残り時間が短いオジサンはなるべく良い時間を過ごしていたい。
          

 良い時間を多く過ごしている人生は幸せな人生だと思う。ただし、「良い時間」の「良い」は人によって認識が違う。レストランで高級な料理を食べている時間、ブランド物の服を着て街を闊歩している時間、高級な車に乗って街行く美人に声をかける時間、美人がホイホイと付いて来た時間、付いて来た美人とイチャイチャしている時間、などといったことが良い時間と感じる人も多いであろう。孫が「ばあば大好き」と正月早々抱きついて来た時間を良い時間と感じる人も多いであろう。でも、私は違う。
 面倒なことが何事も起こらず、平穏で無事な時間を私は望んでいる。その時間、私の吸う空気がきれいであれば言うこと無い。きれいというのは清浄というだけでなく、人の怒り、恨み、妬みなどが含まれていないきれいさ。畑に出るとそれはもう自然の、森の新鮮な酸素たっぷりの空気で清浄。近くに怒りや恨み妬みといった毒を吐く人がいないので精神的にもきれい。部屋を掃除すれば、畑の環境ほどではないが、私の周りの空気は二十四時間きれいになる。なので、私はオッサンながらよく掃除をしていた。
 面倒なことが何事も起こらず、平穏で無事な時間はしかし、時々失くす。結婚生活の中で、親や子供との関わりの中で傷付け傷付き、心を痛め頭を痛めている時間もある。だからこそ、日常はできるだけ良い気の中で過ごしたい。良い気の中で心身を休め、心身に新たな力を蓄えておきたい。元気な力で平穏で無事な時間を多くしたい。ちなみに、私は結婚していないので、傷付け傷付き、心を痛め頭を痛めている時間は少ない。

 従妹の家に行くと、空気清浄機なるものが2台もあって、いつも動いている。空気を清浄にしたいという気持ちは強いようだが、部屋の中はそうきれいでは無い。「掃除は嫌いさぁ」とのこと。でも、私が思うに、空気がきれいというのは清浄機だけで作られるものでは無い。人の怒りや恨みといった毒は空気で無い気(気功の気みたいなもの)に影響を与える。部屋の汚れも同じように毒気を吐くと私は考えている。だから掃除。
          
 
 記:2015.1.2 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コブハクチョウ | トップ | カワウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。