ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オオフトモモ(レンブ)

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 意外に美味しいフトモモ

 家からバス通りまでは徒歩5分、そこから南へ200mほど行くと銀行が左にある。その向かいの民家の庭には、他所の庭ではあまり見ない樹木が植えられている。週末散歩などで月に1回はこの家の前を通る。クロツグとコミノクロツグが並んで植えられているのもこの家。オオフトモモの果実がたわわに実っていたのもこの家。
  オオフトモモの実は、特に美味しいものという記憶が無かったので、他人の庭に実っている果実をもいで、食っちまおうという気持ちはさらさら起きなかった。ところが、そのオオフトモモ、先日久しぶり(十何年ぶり)に食ったら、意外に美味かった。「ウソっ、これ、こんなんだったっけ!」と、少し驚いてしまうほどであった。今月(9月)の模合(堂々と行ける飲み会)で、脱サラ農夫のTが、自分の畑に実っているオオフトモモを数個持ってきてくれて、その1個を貰い、後日、食ったのであった。

 植物としては既に沖縄の植物『オオフトモモ』で紹介済み。その中で、「『果実はリンゴに似た味で甘くは無い』と文献にあるが、何年か前に1度口にした時の私の感覚では無味。『サラダとして食される』とも書かれてあって、なるほど、ドレッシングで味付けするなら美味しく食べられそうな気はする。」と書いたが、今回食べてみて、その件は撤回することとなった。「甘くは無い」については、そりゃあ確かにマンゴーほどの甘さは無いが、果物としては十分の甘味がある。「無味」については、いやいや、爽やかな香りと風味がありました。酸味もほど良く、ジューシーな美味しい果物でした。
      
 オオフトモモ(レンブ)
 フトモモ科の常緑高木。原産分布はマレーシア。
 果実は洋梨形をしている。甘味はやや少ないが、酸味が少しあり、爽やかな味。
 食感は梨のような感じで、梨よりもっとサクサクしている。
 →植物としてのオオフトモモ

 記:ガジ丸 2006.9.21 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のまんじゅう | トップ | マンゴー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。