ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

争いの種に水は要らない

2012年11月30日 | ガジ丸通信-政治・経済

 11月は畑仕事にシタリカハマティ(とても頑張ってという意のウチナーグチ)、21日にはシマラッキョウを植付け、種播きは一段落となった。10月は2畝(1畝約3坪)だったが、11月は6畝立てた。9月に大雑把に草刈りして、大雑把に畝立てした1畝を加えて畝は全部で9つ、9つの畝が並んだ畑はいかにも畑の姿となった。

 植付けた作物は、大雑把に植付けた9月のニンニク、畝の余った個所に植えたレタス、ブロッコリー、キャベツ、ニラなどを加え全部で13種となった。普通、種を播いた後や苗を植付けた後は水かけを必要とするが、13種のどれも水かけをしていない。
  13種全てが植付けた翌日は雨となった。天気予報がそう予報しており、それを私は狙っていた。その後も、13種の全て、乾燥に弱そうなホウレンソウも含め、まだ一度も水かけをしていない。ちょうど上手い具合に雨が降ってくれているのだ。
 水かけをやっていない理由はもう一つある。もう20年以上も前のこと、農業を覚えたいと思って教えを乞うた人が自然農法の実践者で、彼女から「明日雨が降るという日に種を播けばあとは水かけの必要は無い。植物の根は自ら水を求め、地中深く根を伸ばし、丈夫に育つ」と習い、「さもありなん」と納得しているからだ。
 ということで、今後も水かけはしないつもりである。ただし、日照りが続いて作物が枯れそうになったら水はやる。植物に水は必要だ。水かけすると自然農法とは言えなくなるが、耕して畝立てしていることで既に自然農法では無いのだから、それでいいのだ。
          

 植物に水は必要だが、争いの種に水は要らない。争いの種とは、ここでは尖閣諸島のことを言っているが、互いに知恵を出し合って、争いが「戦う争い」にならぬようにして欲しいと願う。争いの種が仲良く交流できる種に育つことが最上だが、それができなければ無視した方が良い。つまり、棚上げということ。戦うよりははるかに増し。
  ウチナーンチュの私が主張すれば、尖閣諸島は沖縄のものである。島がどこのものかの判断が「最初にその島を認識していた」のであれば、「明時代には既に認識していた」という中国の主張はその証拠もあり正しい。ところが、明の冊報使を送り迎えしたのはウチナーンチュの船乗り達だ。彼らは尖閣諸島を既に認識しており、福建沖縄往来の際、航海の目印としている。したがって、尖閣諸島は沖縄のものとなる。
 まあ、それはしかし、一先ず置いておく。ウチナーンチュは喧嘩したくない。喧嘩したら勝ち目は無いからでもあるが、できるだけ平和に楽しく生きていきたいからだ。仲良くとまでは言わない、喧嘩する位なら「無いもの」にしたいと思う。
          

 個人的な話に代わるが、実家を売却することにした。父の遺言に「三年忌が済んだら家土地を売却してよい」とある。もう三年忌から半年以上過ぎた。財産は、法定相続通りでも兄弟三人で三等分だが、父の遺言でもそうなっている。
 売却して得た金を三人で分けてサッパリしたいと私は思うが、姉にとっては沖縄に家があると便利、それが無くなるのは嫌、で、売却に反対している。私にとっては実家の管理は手間と時間がかかるので、それが面倒。で、実家は姉と私の争いの種になっている。争いの種はさっさと無くした方が良かろう、と説得したいのだが、納得するかなぁ。

 記:2012.11.30 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息抜きの必要 | トップ | コゲラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。