ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

トックリラン

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 昨夜の天気予報では「明日は午前中曇り、午後からは晴れ、沖縄も梅雨明けが近いでしょう。」なんてようなことを言っていた。今日6月26日、予報道り朝の空は曇り。
 太陽も出ていないし、気温もそう高くは無いし、これならそう汗をかくこともあるまいと、午前9時頃(今は10時過ぎ)、散歩に出た。今回は北方面へ。徒歩5、6分の辺りにある民家の庭に大きなトックリランがあって、その花が、先週そこを車で通った時、満開だったのを見ている。その花の写真を撮りに行く。
 そこからぐるーっとひと回りして、アパートから南方面にあるスーパーへ行き、今日の晩飯と明日の一日分の食料を買う予定であった。1時間余りの散歩になる。が、10分ほど歩いたところで汗が滲んできた。気温はさほど高くは無いのだが、湿度が高い。そういえば、散歩に出る前、部屋の中にいる時から肌はべとついていた。買い物は中止。

 今、部屋の中にいるが、30分もしない散歩でTシャツはうっすら濡れている。本当に梅雨明けが近いのかなあ、なんて思っていると雨が降り出した。私の人生は幸運より不運の方が多く、今日みたいな日の場合はたいてい、散歩の途中に雨に降られたりするのだが、今日は珍しく幸運であったようだ。「ラッキー」と一人で喜ぶ。
 3週間ばかり放ってある畑の雑草抜き、2週間前の強風で倒れたままになっているピーマンとナスの立て起こし作業を午後からやるつもりだったが、これで今日の畑仕事も延期になるかと、窓の外の雨の降る景色を見ながら思う。「やはり、全体としては不運てことになるのかなぁ。」とオジサンは一人悲しむのであった。

 
 トックリラン(徳利蘭):添景・鉢物
 リュウゼツラン科の常緑中木 原産分布はメキシコ 方言名:無し。
 幹の下部が徳利のような形に丸く太るのでこの名。観葉植物の鉢物として園芸店や、あるいは飲み屋さんのフロアーなどで見かける。耐陰性があるので、室内でも生育する。乾燥に強い、というか、乾燥を好む。水をやりすぎると弱ってしまう。
 幹の頂部に長い葉を房のように生やし、垂れ下がる。遠目に見れば女性の後姿のように見える。あるいは水木しげるの漫画に出てくる妖怪のようにも見える。名前は忘れたが、長い髪の毛の空飛ぶ妖怪、その後姿に似ている。
 花は、今回初めて私は見たのだが、頂部から数本の花茎を出し、垂れ下がっている葉のその上に白い房状になって咲く。開花期は4月から6月。
 別名をノリナというが、園芸店の鉢物などではこの名をよく目にする。下部の太くなった幹の形から英語名は象の足の木(Elephant foot tree)とのこと。
 
 花序

 記:島乃ガジ丸 2005.6.26 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トックリヤシ | トップ | ナリヒラダケ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。