ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

用有りオジー

2010年10月01日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 最近、友人Hの店に頻繁に通うようになった。Hの店の近くに浦添大公園があり、そこを私は時々散策していて、数年前までは、そのついでにHの店に寄っていた。ところが最近は、散歩は抜きでHの店に通うことが多い。Hの店のインターネットを利用するために私自らの都合で行くことが多いのだが、稀には、H、またはHの女房E子に呼ばれて行くこともある。彼らの用件は概ねパソコンSOSだ。
 9月の初めの木曜日、「プロバイダーをヤフーに代えたらアウトルックでメールができない」とのことで呼ばれる。で、行って、使えるようにする。
 翌金曜日、「昨日はできたけど、今日メールをしたら、できない」と電話があり、出かける。異常は見当たらなかった。どうやらE子の操作ミスだったようだ。
 翌土曜日、Hの不調だったパソコンを直してHの店に持って行くが、誰もいない。で、そのまま持ち帰った。夕方、E子から電話がある。「さっき行ったんだぜ」、「みんなでソバを食べに行っていたさあ。ところで、98パソコンでインターネットができなくなっているんだけど、直せない?」と訊く、もう夕方だ、私は肴を準備しつつあり、もうすぐビールの時間だ。「明日にしてくれ」と言って、電話を切る。
 翌日曜日、朝10時前にE子から電話、「何時に来れる、今からでもいいんだけど」と言う。急いでいるようだ。しかし、E子が昼寝したり、ソバを食いに行ったりしている時間、私は相続手続き書類の準備をしたり、水道工事会社社長Gさんのパソコンのセッティングに行ったり、ガジ丸HPの記事を書いたり、古いLPレコードをパソコンデータとして取り込んだり、部屋の掃除をしたりして、昼寝する暇も、飯食いに行く暇も、寝そべってテレビを観る暇も無く、バタバタと動き回っている。時間に余裕の無い私が、余裕のあるE子に行動を合わせる義理は無い。「午後2時頃行くよ」と言って、電話を切る。
          

 「時間に余裕の無い私が、余裕のあるE子に行動を合わせる義理は無い。」ことは正当な言い分だと思うが、そう思いながら実は、「頼られる」ということは人として幸せな事ではないかとも思った。E子が私に「関わって」くれているのである。「関わり」は生きる上で大事、「関わり」が無いと、生きている意味が無いとも思うくらいだ。
 忙しいからという理由で、人の頼みを聞かないなんていう生き方をしていると、そのうち私は、用無し人となってしまう。誰にも相手をされないオジーになってしまう。そうなっても私は生きていけると思うが、楽しくない人生となるであろう。楽しくない人生は楽しくない。楽しくなければ生きている意味が無い。パソコンの扱いに難渋している知人のGさんも含め、頼まれたらできるだけ助けてあげようと思ったのであった。

 先週、大学時代の友人である埼玉在のKR、宮崎在のIYが沖縄に遊びに来て、宮崎出身(IYとは高校まで一緒)だが、大学卒業後沖縄に住み着いているKYと4人で飲みに行った。IYは2年ぶり、KRは5年ぶり、KYは私の住まいから車で30分とかからない場所に居を構えているが、もっと久しぶり、7年ぶりであった。
 KRもIYも私を頼って来てくれた。それだけでも嬉しいこと。KYからは「またバンドをやろう」との誘いがあった。これもまた嬉しい。年寄になっても誰かが訪ねて来てくれる。誰かが誘ってくれる。私はそんな用有りオジーでありたい。生きていればね。
          

 記:2010.10.1 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慶良間1渡嘉敷島 | トップ | アルコール性肩凝り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。