ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

無用の優しさ

2016年01月22日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 近所の大先輩農夫、N爺様の姿が見えない。去年12月の初め頃久々に会って、ユンタク(おしゃべり)したが、それ以前の一ヶ月余り、爺様は畑に来なかった。
 「久しぶりですね、体の調子でも悪いのかと心配していましたよ。」
 「体は歳相応に傷んでいる、左肩が上がらないよ。」
 「大丈夫ですか?」
 「うん、畑仕事に支障はない。むしろ、畑仕事をやっていると気分がいいし、元気になる。毎日でもやりたいんだが、息子に止められている。」
 その日以来また、爺様は畑に来ていない。先日、近所の先輩農夫Nさん(N爺様の隣の畑の持主)とユンタクした時そのことを話すと、「それは私も聞いたよ、息子は父親の事を心配してからかもしれないが、年寄りは引き籠っているより、外に出て体を動かしている方が健康になるし、幸せだと思うんだがなぁ」と語った。父親の身を案じての優しさなら、他人が文句を言えるものではないが、監禁では無いことを祈っている。

 優しさが却ってあだになるってことは、よくあることだと思う。と思って、その実例が無いかと私の過去を振り返ってみたが、何も思い出せない。子供の頃周りの大人たちに優しくされたけど、それはあだにはならず、私に優しさを教えてくれた。優しさがあだになる、大雑把に言えば、過保護な子供が我が儘に育つってことだろうか。
 私の子供の(私に子供はいないが、いたとしての一般的な)世代には、ナイフで鉛筆を削ることを「危ないから」とさせてもらえなかった人もいると聞いている。そういった過保護が過ぎて、まさかとは思うが、例えば、「外は交通事故や誘拐など危ないから、家の中で遊びなさい」と言う母親がいたりして、そのせいで子供がオタクになるかも。
 「外は危ないから」というのは、果たして優しさなのだろうかと疑う。90歳のN爺様が片道40分を歩く。車が危ないかもしれない、心筋梗塞で倒れるかもしれない。でも、楽しくない10年を長生きするより、楽しい5年を生きて死んだ方が増しではないだろうか?息子による老父への外出禁止令は、要らぬお節介、無用の優しさだと私は思う。
          

 話変わって、先週月曜日に帰郷した弟は、金曜日に千葉へ帰った。その間、会ったのは火曜日と木曜日だけ。生まれ育った沖縄だ、行きたいところがあればレンタカーを借りるなり、バスに乗るなり自身でできるだろうと判断したからだが、弟はその間、ホテルの近く、平和通りや国際通り、そして、実家の周辺を散歩しただけと後で聞いた。
 そう聞いたのは木曜日の夜、飲み屋で一緒に飲んでいる時。無口な弟は、他人とはほとんど口をきかない。私とはまあまあしゃべるが、それでも口数は少ない。
 そんな口数の少ない弟が珍しく自分から話を切り出した。端折って書くと、「定年後沖縄に住む計画は無し、女房が千葉を離れたくないと言う。なので、土地探しはしなくていい。俺が死んでも困らないよう千葉にマンションを買って、それを女房に残したい」とのこと。今回の帰郷の目的はそれを伝えるためだったようだ。
 自分から土地探しを頼んでおいて、それを止めるなんて言い辛い、という弟の優しさなんだろうが、それは無用の優しさである。「早よ言えよ、土地探しにはまあまあの時間をかけたぞ」と私は思った。でも、女房想いの価値ある優しさに免じて許した。
          
 
 記:2016.1.22 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オジロワシ | トップ | 琉歌 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。