ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

既得損益

2014年01月24日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 売買契約の済んでいる実家の家と土地、引渡し予定は今週日曜日(20日)を目処としてあったが、先方(買主)にも多少の都合があり、そして此方(売主の私)にも多々の都合があり、引渡しはまだ、日程も決まっていない。先方の都合にもよるが、1月中には済ませたいと願っている。此方の都合はたぶん、あと2、3日あれば大丈夫。
  此方の都合とは、主に実家の家財道具の片付けであるが、その他、隣地境界の塀の修復もある。実家の花壇に植えてあったカニステルの根が塀を押して、そのせいで傾いてしまったのだ。昨年11月に知合った若者3人が「僕らが直します、任せてください」と言ってくれたので彼らに任せた。12月中には終える予定だったのが延びに延びて、火曜日に見に行ったら、やっとコンクリートの流し込みが終わったところであった。
 隣家の人には「今回の補修も、将来、これが原因で塀が倒れた際の修理もこちらの責任で行う」と約束している。幅90センチほど、奥行き30センチに満たない花壇にカニステルという高木を植えたのがそもそもの間違い。植えたのは父なので責任は父にあるが、父は死んでしまったので私も含め兄弟3人がその責任を相続することになる。

 若者たち3人は実家の片付けについても「僕らがやります、任せてください」と言ってくれた。なのでそれも彼らに任せた。しかし、彼らは庭工事、外構工事(塀や駐車場などを作る仕事)については専門のようだが、片付け仕事には慣れていないようで、これにはたっぷりの時間がかかっている。よって、先週から私もほぼ毎日実家へ行き、片付け作業に加わっている。昨日の段階でやっと先が見えてきた、それにしても疲れた。
          

 そんなこんなで忙しくしている中、今週月曜日の朝、多くの沖縄県民が注目していた名護市長選の結果を聞いた。少し残念に思う結果だった。「大差の勝利」とラジオでは言っていたが、私はダブルスコア位の大差で勝つことを期待していた。そのことを、実家の片付けを手伝っている若者Iに言うと、「いや、違いますよ、僕は大差だと思います。向こうは国のバックアップがあり、組織と金が大きく動いていたんです。それでも5000票差も付けたんです、大差です」と、彼はきっぱり言い、私を諭してくれた。
  「地元がノーと意思表示したんです。それでも国が強引に基地建設を進めようとするなら、沖縄県民は立ち上がるべきです」と彼は続けた。「真っ直ぐな男だなぁ」と私は感心しながら彼の瞳を見ていた。「僕は建設業にいるので、その関係に知合いは多くいて、彼らが公共工事を欲しがっているのもよく解ります。だから、彼らに強くは言えないのですが、でも、基地を作ってしまってはダメです」とも言う。「優しい男でもあるなぁ」と私はさらに感心しつつ、力強く語る彼の口元を眺めていた。「この男のような若者が多くいれば基地建設阻止も夢ではないかもしれない」と期待を抱いた。

 「沖縄には昔から基地はあるんだから、新たな基地建設といったって既にあるのをちょっと移動させるだけで、影響は少ない。他県だと新登場になるから影響は大きい。沖縄は国の言うことに従えばいい」と思う方も多くいるだろう。しかし、沖縄だって辺野古に造ることになったら、それは新たな基地建設に変わりは無いのだ。「昔からあるんだから」は公平な理由じゃない、謂わば既得損益というもの。これは相続したくない。
          

 記:2014.1.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴイサギ | トップ | マガモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。