ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アルコール性肩凝り

2010年10月08日 | ガジ丸通信-科学・空想

 10年ほど前まで私はひどい肩凝りだった。友人の整体師Sに治療して貰っても、一時的には軽くなるが、一日経つとまた元に戻る。Sの意見は、「目の疲れからくる肩凝りだぜ、パソコンをやっている限りは、治らないだろうな。」とのことであった。その頃の私は職場や家で、ほとんど毎日平均9時間以上は、パソコンを注視していた。
 Sは腕の良い整体師で、私も信頼はしている。しかし、「パソコンをやっている限り、治らないだろうな」は少々違っていた。その後、「粗食少食」に食生活を変えたところ、肩凝りがほぼ消えたのだ。もっとも、粗食少食はSの勧めるものでもあった。
          

  先週のガジ丸コラムで、「肩凝りがしている。(中略)火曜日には心臓が痛くなった。心筋梗塞の兆候だ。火曜水曜を休肝日にして肩凝りが引いた。」と書いたが、それで安心して木曜金曜と晩酌し、土曜はGさんに誘われて飲みに行った。そして、翌日曜日、
 沖縄地方は9月24日に秋風が吹き、おそらくその日から、暑くて寝られないという夜はほとんど無いと思うが、土曜の夜ベッドに入ってからずっと寝苦しくて、朝までそれが続いた。そして、目を覚ますと酷い肩凝りがして、胸が痛かった。
 思い返せば、夜寝苦しいというのは秋風が吹いて以降何日もあった。その何日は、酒を飲んだ夜であった。そうはっきり判ったのは、休肝日であった先週の火曜水曜はぐっすり睡眠であったのに、飲んだ木曜からは寝苦しい夜になっていたからだ。

 酒を飲むと、血がドロドロになって、血流が悪くなり、心臓近くの血管に不具合が起こり、心臓に多大な負担をかけ、夜寝ながらジョギングをしているみたいになり、体が熱くなって、寝苦しくなる。という図式ではないかと私は推理した。
 多大な負担をかけられた心臓は心筋梗塞になり、その症状が日曜日の朝に現れたというわけだ。胸の痛みは喩えると、打撲のような痛み。「酔っている時に胸を強打したのかもしれない」と本気で思うほどで、最初は、胸をくまなく触診して、外傷的痛みのあるところはないかと探したくらいだ。探しても何も無く、痛みは心臓だと確信する。
 仰向けに寝ていると痛みは引いて行く。横向きやうつ伏せでは痛みが増していく。ただどんな格好でも、心臓よりは肩が酷い。肩は凝っているというより痛いのである。

  その日の昼、Gさんが訪ねて来てくれたが、「これから畑仕事です」と言って、帰って貰う。予定は確かにそうであったが、肩の痛みが取れないので、結果的には畑仕事はやらず、寝ていた。夕方、友人から酒の誘いがあったが、それも断り、ひたすら寝た。
 夜になってやっと、肩の痛みが軽くなった。心臓の痛みは既に無い。で、実験。アルコールは本当に肩凝りに悪いのかという実験。泡盛の水割りを1杯飲む。飲み干してすぐに肩の痛みがぶり返した。今回の肩凝りはやはり、アルコール性肩凝りのようである。
 休肝日明けの水曜日は快調、で、再び実験。夜、水割り4杯を飲む。翌朝、変化無し。その夜(昨日)も同量飲む。今朝も特に変化無し。私の水割りはごく薄い、4杯でも原酒にして1合に満たない。「そうか、量の問題か」と思う。飲み過ぎるとアルコール分解で肝臓が過労となり、心臓にも悪影響を与え、肩凝りとして症状に現れる、という図式。昔から言われている通り「飲み過ぎはダメ」なのだ。気をつけましょう、御同輩。
          

 記:2010.10.8 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 用有りオジー | トップ | 慶良間2阿嘉島・慶留間島 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。