ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

カメジロー

2017年09月22日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 畑仕事が全然間に合っていないので、休んでいる余裕はないのだが9月19日映画を観に行った。休んでいる余裕はないのに何故映画?かというと、手元に映画の只券が2枚あって、その期限が迫っていたからという理由による。いや、それよりもっと大きな理由がある。「観たい映画があった」という理由。観たい映画は『・・・カメジロー』。
 その日はしかし、映画『・・・カメジロー』の前にもう1本観た。特に観たいと思った映画ではなく、『・・・カメジロー』が始まる時間の少し前には終わるからという理由だけで選んだ『ボブという名の猫』、そういう理由で選んだので、その映画に関する感想は特にない。「麻薬中毒になったら立ち直るのに大変なんだなぁ」といった程度。
 何故、1日に2本も映画を観たか?については、那覇(桜坂劇場がある)に出掛けるのが面倒で、映画の只券2枚は1日で使ってしまおうと思ったから。
     

 さて、本命の『・・・カメジロー』、正確に書くと『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』という題、「米軍」には「アメリカ」と振り仮名がふってある。
 『ボブという名の猫』を観終わってエントランスホールに出ると、人がたくさんいる。チケットを買う客がずらっと並んで映画館の外にまで続いている。そして、『・・・カメジロー』を上映する、桜坂劇場では最も大きなホールA(2階にある)へ上がる階段に人がたくさん並んでいる。当初、火曜日(18日)に観に行く予定を立てていたが、『・・・カメジロー』は人気があると噂に聞いていたので、翌日に順延とした。平日でも並ぶほどの客がいる。並んでいる人々を見て気付いた。「あっそうか、カメジローを知っている人は私より年上の人達、既にリタイヤした人達だ、平日も休日も関係無いんだ」と。
 『ボブという名の猫』が終わって『・・・カメジロー』が始まるまでには20分ほどの時間差があって、その間に、近くの公園で一服する予定だったが、それは中止。チケットを買うのに並んで、ホールに入るまでも並んで、ホールAの中へ入る。客はそれでも七分の入り。七分はしかし、桜坂としては珍しい大入り。
 ホールAの入口にチケット確認する係員がいた。若くて美人だ、ということで私は声を掛ける。「今日は平日だから空いているかと思ったら混んでますね」と。
 「はい、お陰さまでありがとうございます。」と彼女は言って、中へ入る私の後に付いてきて、七分入りの中を見回した後、「でも、今日はまだ少ない方です。休日は満席になります。昨日までの連休も満席でした。」とのことであった。

 『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』のカメジローは瀬長亀次郎のこと。戦後から沖縄の日本復帰前後にかけて活躍した沖縄の政治家。瀬長亀次郎に私がキャッチフレーズを付けるとしたら「ウチナーンチュが最も愛した政治家」となる。
 「ウチナーンチュが最も愛した政治家」は、亡くなってから15年も経っているだろうか、今でもまだ人気は衰えないようである。入場者数は既に1万人を超えたとのこと。この先10月、11月、あるいは12月までのロングランを予定しているとのこと。ウチナーンチュの人権を守るために不屈の闘志で、非暴力の闘いを続けた政治家。そんなカメジロー(私の祖母は亀さんと呼んでいた)が今でも愛されている。それに私は大いに感動した。もちろん、何度も目頭が熱くなったほど映画にも私は感動し、大満足した。
     

 記:2017.9.22 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

2017.9.22 秋はまだ?

2017年09月22日 | ガジ丸週一日記17-18

 先週、先島地方を襲った台風18号は沖縄島にも多少の影響があり、13日から風が強くなった。強いが暴風ではない、沖縄島直撃は無いと判断したので私は畑の台風対策も家の台風対策も半分程やっただけ。それで台風被害は、オクラが斜め45度程度に傾いただけ。
 台風18号の影響は13日から16日辺りまであり、その間風が強かったり、雨が降ったりした。そして、糞暑かった沖縄の気温を押し下げた。風の音が煩くてグッスリ睡眠とはいかなかったが、まあまあ眠れた。
 台風の影響が消えた今週月曜日(18日)、前夜10時には寝たのに大いに寝坊して、目覚めたのは7時前だった。翌火曜日、前夜9時半頃寝て目覚めは6時半、水曜日は前夜10時前に寝て6時に目覚める。木曜日もたっぷり眠れて、しかも早起き。昨夜は少々暑くて11時就寝、でもグッスリ眠れて、何と今朝は5時起き。しかも、キッパリ目覚める。グッスリ睡眠は気持ち良い。
 しかし、秋が来たなんて私は糠喜びなどしない。朝夕は少し涼しくなったが日中はまだ糞暑いし、まだジーワ(クロイワツクツク)の鳴き声も聞こえないし。
 
 台風対策
 小屋前テント半分と日除けを取り外し、右側のハウスの防虫ネットを取り外し、風で飛ばされそうなものを避難させて、台風対策は終了。構造物に被害は無し。


この記事をはてなブックマークに追加

余命1年

2017年09月22日 | ガジ丸のお話

 今年3月25日の深夜、午前1時過ぎに目が覚めた。いつものように小便。歳相応に私も頻尿になっている。であるが、小便で目が覚めるのはたいてい午前2~3時頃、「今日は早いな、昨夜水分(アルコール入り)を飲み過ぎたかな」と思いつつトイレ、ベッドに戻ってすぐに地震、ラジオを点けるとしばらくして情報があった。震度3とのこと。
 地震の前に目覚めるとは、小便のお陰ともいえるが、野生人を目指している私にもとうとう危険予知能力が付いたかと勝手に判断し、ニヤリと笑って、また夢の中。

 8月17日深夜、時計を見なかったので正確には知らないが、たぶん、午前1時か2時頃、ガラスの割れる大きな音に目が覚めた。眠いので横になったままま考えた。「何だ何が割れたんだ?部屋に割れるものはあるが、勝手に落ちるようなものは無いぞ、外か?庭に風鈴があるが、風鈴が割れるような小さな音ではないし、風鈴は今も鳴っているから割れてはいない、何だ何だ?あの世からのお知らせか?」と思いつつ、気にはなったが、起きて調べることはせず、眠いのでそのまま寝入ってしまった。
 ガラスの割れる大きな音の正体は翌朝、起きてから気付いた。食器棚のガラス戸が勝手に落ちていた。勝手に落ちた訳も判明した。何の不思議も無いことであった。
     
     

 危険予知能力が備わることはとても嬉しいことで、もしも、あの世からのお知らせがあったとして、それが「気をつけろ、もうすぐ大地震が起きるぞ」といったことならそれも嬉しいことで、「お前、そろそろ死ぬぞ」という知らせでも有難いと思っている。
 ところが、霊感なるものは私に無縁で、ユーリー(幽霊)、マジムン(魔物)の類に出会ったことはかつて一度もない。なので、そういう類の存在は信じていない。であるが、何かワサワサしているものがいる雰囲気を感じたことは過去に何度かあった。なので、そういう類の存在は「もしかしたらいるかも」といった程度には思っている。
 「もしかしたらいるかも」と思っているので、もしも母や父の霊が異次元のどこかにいて、この世のことをある程度感じることができるのであれば、と想像して、であれば、母や父、及び祖父母が喜ぶであろうと思い、時々位牌を訪ね供え物をしている。
 位牌は首里にある観音堂という寺に預けてある。年に何回位牌を拝みに行っているかを数えてみたら、正月(旧正)、旧盆は初日から最終日まで合わせて4回、祖父母、父母の命日4回、清明祭、春秋の彼岸、月見、冬至の計14回あった。平均月1回強だ、先祖も「まあまあ良くやっている」と喜んでくれているのではないかと思う。
     

 霊感なるものには無縁の私、と思っているが、かつて、若い頃から「ひょっとしたらそうではないか」といったようなことを何度か感じたことはある。
 母があの世へ行ってから今年は10年目、10月には満10年となる。じつは、母が逝く7ヶ月ほど前(2007年3月)から私の周りにワサワサ雰囲気があった。部屋の中で霊か何か判らないモノが運動会をしていて、煩くて(音を立てていたわけでは無い、雰囲気が何か煩く感じた)、夜中何度も目を覚まして、寝不足となる日が何日もあった。そのワサワサ感は三週間続いた。それから1ヶ月ほど経った4月20日、母が入院したと聞いて、病院へ行って担当医の話を聞く。母には膠原病という持病があり「余命1年」とのことだった。実際には、そう聞いた半年後の10月18日に母は亡くなった。
 それ以後、ワサワサ雰囲気をほとんど感じていない。あるいは、たとえ感じたことがあったとしても忘れている。オジサンとなってから霊を信じなくなっているので、多少のワサワサがあっても印象に残らず、すぐに忘れてしまう。例えば、父の死の前にもひょっとしたらワサワサ雰囲気があったかもしれないが、まったく忘れてしまっている。私の関心は母に対してはまあまああったが、父に対しては少なかったせいだと思われる。
     

 関心が濃いか薄いかでいえば、私は、父よりも母が好きであったことは確か。そして、同じ意味で言えば、母よりもなお、自分のことが好きである。これも確か。
 私は母より自分に関心がある。母の死の7ヶ月前にその予兆であるワサワサ雰囲気を感じたならば、より関心の深い私自身なら1年位前に予兆のワサワサ雰囲気はきっと現れるはず。つまり、私が次にワサワサ感を感じたら、その1年後が私のその日となる。
 ワサワサ感を感じて1年後ということは、今日ワサワサ感を感じたとしても私には残り1年の命があるということになる。1年あれば終活は余裕でできる。
 
 記:2017.9.14 島乃ガジ丸 →ガジ丸の生活目次


この記事をはてなブックマークに追加

キボシサシガメ

2017年09月22日 | 沖縄の動物:昆虫-カメムシ・セミ

 油断大敵のカメムシ

 カメムシの類は「へっぴり虫」との異名もあるように「屁を放(ひ)る虫」で、「触れると臭腺から猛烈な悪臭を出すものが多い」(広辞苑)とのこと。しかし私は、それが人体に害を及ぼすもので無ければ、悪臭ごときに恐れおののきはしない。
 ところが、カメムシの一種であるサシガメの類には人を刺す衛生害虫もあるらしい。それについては既に、2007年11月23日付記事『キベリヒゲナガサシガメ』の説明文にも書いてある。「サシガメの類には人を刺す衛生害虫もある」ということを私は約10年前から知っていたということになる。ところが、
 ところが、記憶力の弱い私はそんなことすぐに忘れる。「サシガメの類は危険」という情報は、私の脳味噌の中に微塵も残っていなかった。今回、キボシサシガメを調べ、その説明文を書いている時に「あー、そういえばそうだった」と思い出した次第。
 ところが、恋人(がいたころも過去に少しあった)が髪を切っても気付かない私は、細かいことにはちっとも気付かない大雑把な性質である。そんな私がカメムシのような虫を見た時、それがサシガメの類であるかどうかなんて気付く訳もない。

 キボシサシガメを見た時、それがカメムシの類であろうとは予想できたが、サシガメの類とまでは想像しない。それが危険だなんて思わずに、ゴム手袋をしていたこともあって掴んで写真を撮った。そのキボシサシガメは既に死んでいた。
 写真を撮って(2016年9月21日)からほぼ1年が過ぎて、その写真の者が何者か調べ、キボシサシガメと判明する。すると、図鑑の説明に「時折人間を刺すことがあり、かなり痛い」とある。手袋してて良かった、相手が死んでいて良かったと思った。
 
 キボシサシガメ(黄星刺亀):半翅目の昆虫
 サシガメ科 南西諸島の一部、台湾、フィリピン、インドに分布 方言名:フー
 名前の由来は『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「革質部は黒褐色で1対の楕円形の黄色紋を有し、和名はそれに由来する」とあった。サシガメについては広辞苑に「カメムシ目サシガメ科の昆虫の総称・・・多くはほかの昆虫を捕らえて吸血するが、人を刺す衛生害虫もある」とあり、(口吻を刺して)「吸血する」ことからだと思われる。
 広辞苑の説明文に「人を刺す衛生害虫もある」ともあるが、本種はその1つのようで、『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「時折人間を刺すことがあり、かなり痛い」とあった。気をつけなきゃと思ったが、出会う機会は少なそうだ。同書に「雑草地や灌木林の地表に生息するが、個体数は多くない」とあった。私も2016年9月の一度しか見ていない。
 体長13ミリ内外。寄主は昆虫類、成虫の出現は周年。分布を南西諸島の一部と上記したが、詳しくは「石垣島、北大東島、沖縄島、トカラ列島」とのこと。
 
 横から

 記:2017.9.8 ガジ丸 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行
 『日本原色カメムシ図鑑』友国雅章監修、全国農村教育協会発行


この記事をはてなブックマークに追加