ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

唄002 ぽっかぽかだね

2014年02月18日 | 沖縄の音

ぽっかぽかだね 春だね
日向の匂いだね
街中が 春の風に
浮かれてるみたいだね

間奏

独りだった部屋に
幸せが座っている
背中に頬を当ててみた
やさしい匂いがした

ぽっかぽかだね 春だね
日向の匂いだね
街中が 春の風に
浮かれてるみたいだね

間奏(長め)

朝目を覚ますと
微笑が傍にいる
両手で包んでくれた
温かい匂いがした

ぽっかぽかだね 春だね
日向の匂いだね
街中が 春の風に
浮かれてるみたいだね

ぽっかぽかだね 春だね
日向の匂いだね
街中が 春の風に
浮かれてるみたいだね

「pokapokadanenama014.MP3」をダウンロード

作詞作曲:ガジ丸 2008年3月の作 →掲載ページ

 記:ゑんちゅ小僧 2008.3.28


この記事をはてなブックマークに追加

唄001 あのよふーん

2014年02月18日 | 沖縄の音

あのよふん あのよふん あのよふん

あのよふん 母さん 僕の話 聞いてよ
あの日僕は友達と 川へ遊びに行ったんだ

子供だけじゃダメだよって 母さんいつも言ってたね
だけど楽しかったんだ 黙って行ってごめんね

あのよふん あのよふん

あのよふん あのよふん あのよふん

あのよふん 母さん 僕の話 聞いてよ
こんなに近くで 僕は話しているんだよ

僕はねずっとずっと ずっと楽しかったよ
悲しくは無いのさ だからもう泣かないで

あのよふん あのよふん

あのよふん あのよふん あのよふん

あのよふん 母さん 僕の話 聞いてよ
僕はねちっとも淋しくなんかないんだよ

あれから母さんの 傍にずっといるんだよ
だからね、僕はね今とても幸せなんだよ

あのよふん 母さん 僕はここにいるんだよ
あのよふん 母さん だからもう泣かないで

あのよふん あのよふん

「anoyohun015.MP3」をダウンロード

作詞作曲:ガジ丸 2008年2月の作 →掲載ページ


この記事をはてなブックマークに追加

音:ウチナーンチュの居場所

2008年07月03日 | 沖縄の音

音:ウチナーンチュの居場所

5月、朝5時半の音
「Asagojihan080503.MP3」をダウンロード
これはデジタルレコーダーが壊れる前に録ってあったもの。鳥の声だけだ。
これでも十分に煩いのだが、今はこれにセミの声が加わってさらに煩い。
いい歳した普段は大人しいオジサンが、ある日、セミの鳴く声に腹を立てて、
銃を乱射し、セミを大量殺戮する。・・・なんてニュースが、そのうちあるかも。

4月、朝の爆音
「Asanobakuon0803273.mp3」をダウンロード
私の住まいの上空も時々、軍用機が飛ぶ。
ジェット機は概ね高度が高いので、ガラスが振動するほどの騒音では無い。
しかし、鳥の声とは違い、耳障りで、イライラするような音である。腹が立つ。
ジェット機が離発着する嘉手納や普天間では、もっとずっと激しい騒音となる。

 記:2008.7.3


この記事をはてなブックマークに追加

音03悲しい鳴き声

2008年05月30日 | 沖縄の音

悲しい猫? 「kanasineko3.mp3」をダウンロード
家の周りで、三週間ほど前からネコの悲しそうな声が聞こえるようになった。
音源は隣室だ。あのネコだ。それから二週間ほどの間、その声は続いていた。
隣室からクーラーの室外機の音が聞こえるようになったのは一週間前のこと。
もしかしたら、悲しい声の続いた二週間、隣人は旅行中だったのかもしれない。
部屋に閉じ込められたネコはお腹を空かせて、悲しい声だったのかもしれない。
と思ったのだが、そのネコは今でも時々そのような鳴き声を出す。
ということは、主人を恋しがっての淋しい声なのかもしれない。

悲しい犬? 「Kanasiiinu.mp3」をダウンロード
私の部屋から北方面は、隣の家の広い駐車場となっていて、開けている。
駐車場の向こうは民家の庭があり、その庭もまた広い。
台所の窓から北方面を見ると、その庭が見え、そして、その家の犬小屋が見える。
犬小屋には小型犬が一匹いて、いつも悲しい声で鳴いている。
家人が遊んでくれないか、あるいは、とても淋しがりやの犬なのかもしれない。

 記:2008.5.30 島乃ガジ丸


この記事をはてなブックマークに追加

音02 カラスの声

2008年05月02日 | 沖縄の音

末吉公園で偶然入ったカラスの声。

「Karasu0804.mp3」をダウンロード

写真は2005年10月、高知か愛媛で撮ったもの。 

Hasibutogarasu_2


この記事をはてなブックマークに追加