「悪党たちの会社の泳ぎ方」

企業の裏側と転職・起業情報を紹介。リストラ無縁、転職・起業成功のために!負け組にされないために!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ライブドア事件

2006年01月26日 15時56分02秒 | 会社の裏側
1年も前からライブドアの粉飾決算を財務諸表のみから推測した公認会計士の方いる。
非常に面白い内容なのでご興味のある方はご一読されることをお勧めしたい。

http://blog.goo.ne.jp/yamane_osamu/

さて、しかしである。
自民党は公認はしなくとも推薦しようという人物が経営する会社の財務諸表等は調べないのだろうか?
竹中氏は経済が担当ではなかったか?日本経済はわかっても、財務諸表などは馬鹿馬鹿してくて分析できないのだろうか?
いい加減を絵に描いた話である。

私は財務諸表の分析はできないが、IT業界に住んでいるのでライブドアの商品については多少分析ができる。
最近でこそ買収買収で実業をやっている会社もあるが、オンザエッジのころから共通する品揃えと言えば

LINDOWS(パソコンのリナックス・・使っている人を見たことが無い)
eudora(電子メールソフト・・・有料の電子メール使っている人いるんだろうか?)
LIVEdoor(無料プロバイダー)
Opera(ブラウザ・・いくらか払うと広告が出なくなるが、無料で問題ない)
skype(ご存知無料IP電話)
ターボリナックス(リナックス・・本来無料のOS)

どれも無料で使えることを前提とした商品群である。収益を上げる要素がないから買えたと言っても過言ではない。
つまり彼らはIT企業でも何でもない。

収益の多くはニッポン放送株で行った会社ころがし株ころがしだったのだ。

にもかかわらず、このような会社をあたかも優良会社のように持ち上げたマスコミもこの事件では共犯者ではないか?

マスコミに踊らされると痛い目を見ることになる典型的な事例である。
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワンマン経営の是非 | トップ | 粉飾決算 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL