遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

紅葉を求めて

2016-10-16 10:09:32 | 登山・ハイキング
紅葉のシーズンに突入したが、身の回りでは未だその気配しかないので、標高2127mの麦草峠から、白駒池に向かった。公営の駐車場にジムニーを置き麦草ヒュッテを経て白駒池に向かう。駐車場は満車。普段は止めてないスペースまでぎっしりと車が入っていた。こういう時軽自動車は便利だ。

   ここからスタート
   まずは笹っ原から始まる
   林の中の道
   木道も整備されている
   奥庭の標識
   駐車場からの道と合流
   道脇の苔

林の中の静かな道を歩く。木道が出てくると「奥庭」と称する開けた場所に出る。ここまでずーと常緑樹なので紅葉はまるでない。広い砂利道と合流。白駒池の有料大駐車場から来る道だ。好天とあって人が多く行きかう。間もなく湖畔の案内板、丸山・高見石への分岐点。ここはもののけの森と名付けられ、ジブリの「もののけ姫」の舞台のヒントになった場所だ。

乾季で勢いがないが、確かに苔むした岩や、倒木が苔を纏っている。根こそぎ倒れた根っこがオブジェのように見えるから不思議だ。分岐を左にとり湖畔遊歩道を時計回りに行く。

   分岐地点案内板
   根っこのオブジェ
遊歩道の始まり
  案内板
   木道と苔むした遊歩道脇
  ジブリアニメの世界

遊歩道を半周するとようやく紅葉に出会った。池に向かって葉っぱを透かすように眺めるとそれなりに美しい。今年はほとんど赤い葉ばかりで、いつものように黄色の葉が少ない。天候不順は黄色の葉を生み出さないのだろうか。
確か、黄色は緑の色素が退色して発色し、赤色は色素が形成されて発色すると物の本に書いてあったのだが、いずれにしろ発色が少ないようなきがする。

   湖畔の紅葉
   対岸の紅葉
   白駒荘からの紅葉

池をほぼ一周して白駒荘前に出る。ここまで歩きはじめて一時間強、小腹も空いてきた。この食堂で名物の野菜カレーを頂くことにする。ここの食堂からは見晴らしが良い。さすが長年のキャリアがある山荘だ。池の水面使用許可を長野県から受けているという。歴史を感じさせる許可証が食堂の隅に飾ってあった。

ここの野菜カレーは、アフリカほうれん草や明日葉、パプリカ、ナスなどがトッピングされていて、なかなか美味しかった。肉っ気はないが、これはベジタリアン向きである。

   名物野菜カレー


  縞枯山もくっきり
  名前がわからない山
  防護柵が取られていたが鹿害はまだ続いているらしい

帰路は往路と同じ道を辿ったが、好天のお陰で、展望はくっきり、爽やかな空気を浴びながら足取りも軽く駐車場に戻った。紅葉も満喫とまでは行かなかったが、まずまずの色づき加減であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スカッ晴れの入笠山 | トップ | 友集う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。