遅いことは猫でもやる

まずは昔メールした内容をひっぱってきて練習...
更新は猫以下の頻度です。

南米旅行ーギアナ高地(2)

2017-07-26 03:04:35 | 行ってきました

エンゼルフォール 上部はまだ雲が垂れ込めている

数々の滝

エンゼルフォール

今度のパイロットもプエルトオルダスーカナイマ間と同じ人物。始めは低いところをとぶがテーブル台地が近づくにつれ次第に高度を上げる。谷間を遡ってすすむ。右に回り込んだところでパイロットが指差し、なにか叫ぶ。その先には長大な滝が落ちていた。世界最大の落差を誇るエンゼルフォールだ。

幸いにも次第に台地の上部にかかっていた雲が晴れてくる。この平らな台地のどこから水は流れてくるのか。かなりの水量が落下しているが、滝の下部はヴェールを広げたように拡散して滝壺はできていない。1000mも落ちればむべなるかなである。

パイロットは、暫く滝の周りを旋回したり、崖すれすれを飛行したり大サービスをしてくれる。やがてセスナは少し高度を上げて高地の上に出る。アウイヤンテプイというのがこの台地の名前で、東京23区より広いという。台地の上には何本かの川ができており、水は豊富である。

この台地に登る道が一本だけ通じており、遼馬君は先日登ったそうである。ジュール・ヴェルヌの「失われた世界」で描写した古代の不思議な世界の連想が生まれるわけだ。

パイロットは広大な自然の造形物(谷間)の間を右に、左に旋回し、上に上がったり下がったりして、いろいろな角度からエンゼルフォールを見せてくれる。中々の腕前である。

小一時間のフライトに満足して飛行場に戻った。圧巻のエンジェルフォール飛行であった。


アウイヤンテプイ台地の上部


飛行を終えて次第に高度を下げる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南米旅行ーギアナ高地(1) | トップ | 南米旅行ーずぶ濡れの滝見物 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。